主催上映会  フィルモグラフィー

主な主催上映会


●『HALFTIME 8ミリ映画ないとin高円寺』1994/3/6高円寺HALFTIME (8ミリフイルム上映)
上映作品『仮面の不法侵入者』『RESCUE PLAZA』
招待作品『巴里の柳の下のうなぎ』『砂丘』『ウルトラマン80’85』
クリックすると元のサイズで表示します


●『花と嵐と8ミリ映画』1995/5/21恵比寿・シネプラザ・スペース50 (8ミリフイルム上映)
上映作品『ワイルド・ストリート』
招待作品『窓を開けて』
クリックすると元のサイズで表示します


●『ワルツな夜』1995/7/29,7/30大塚ジェルスホール (8ミリフイルム上映)
上映作品『幻の女』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●『シネマサーカス』1997/8/24池尻大橋SALON"S-36・31" (8ミリフイルム上映)
上映作品『プレイバック』
招待作品『上機嫌で何が悪い』『スモーキング・ブギ』『猫の自立』『海の家』
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』1998/8/8,8/9 新宿パンプルムス (8ミリフイルム上映)
上映作品『ワイルド・ストリート』『幻の女』『プレイバック』『恋する乙女のラプソディ』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●『歓楽街の怪奇劇場』2000/5/27歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
上映作品『死びとたちに捧げるブルース』『ゴーストゲーム』『探偵とバラバラ死美人』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●『歓楽街の8ミリ映画館』2001/4/28歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
上映作品『荒野のアリス』『ワイルド・ストリート』『プレイバック』『恋する乙女のラプソディ』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


●『三宮英子特集』2004/4/10池ノ上シネマボカン (8ミリフイルム上映)
上映作品『荒野のアリス』
招待作品『前夜』『memories』
クリックすると元のサイズで表示します


●『LOVE & PEACE PROJECT』2004/12/18池ノ上シネマボカン
上映作品『鏡の中の恋人』『東京冬物語』
招待作品『海辺の童話』『雨の日の偶然ではない必然の物語』『マシュマロ・スーサイズ』『上ヲ向いて歩コウ』
クリックすると元のサイズで表示します


●『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』2005/12/10池ノ上シネマボカン
上映作品『怨霊の棲む家』『地獄花火』『死びとたちに捧げるブルース』『探偵とバラバラ死美人』『恐怖のピクニック』
クリックすると元のサイズで表示します


●全3話『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』2006/7/12池ノ上シネマボカン
上映作品『死美人の恋』『突風』『VOODOOBLOOD 全3話』『怨霊の棲む家』『地獄花火』
クリックすると元のサイズで表示します


●『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場V』2007/8/4,8/11,9/16池ノ上シネマボカン/BABACHOPシアター
上映作品「邪神島』
招待作品『その部屋』『凪呼人』『マオン』『連れてって』『連れて来たらしい』『愛と憎しみの果て』
クリックすると元のサイズで表示します


●『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場W〜魔界への誘い〜』2008/8/23,8/24,9/21池ノ上シネマボカン
/BABACHOPシアター
上映作品『The Obsession』
招待作品『ミスター・べー2 殺人的魔王』『24日の木曜日 毒々デッドリー・ナイト』『Do not!』『してはいけないこと』『X-REPORT』『リサイクル』『ブラックホール』
クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/BhYKcRLyQdo


●『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場X 〜魔女の宴と悪魔の実験室〜』2009/8/16,8/23,9/13,9/20池ノ上シネマボカン/BABACHOPシアター
上映作品『死体牧場 〜呼び戻された者たち〜』
招待作品『魔女ノ犬』『魔女伝説』『3人の魔女』『真鳳堂の魔女』『ウロボロス』『魔女とマッドサイエンティスト』『the Brain』『NO CONTROL』
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/lSsbmym7ciQ


●『LET IT B-SHOT PICTURES』2009/12/12,12/26池ノ上シネマボカン
上映作品『幻影少年銀幕少女』『The Birth Of The Horror』『荒野のアリス』『東京冬物語』
クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/yo-cRCT5ip4


●『Cinema Bridges Road vol.1 〜ただただ映画と観客との出会いを』2011/5/14池ノ上シネマボカン
上映作品『林檎酒哀歌2』
招待作品『ドナリエラ』『赤い無』『恋が壊れる』『Futaba』『狩人たちの儚き幻想』
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/Z9ur7EojgrM


●『殺し屋×強盗×探偵×刑事…最後に笑うのは誰だ!? 真夏の暗黒街特集!』2011/8/20池ノ上シネマボカン
上映作品『浮浪 夢の残骸』『ワイルド・ストリート』『現金作戦 奴らを騙せ!』『プレイバック』
【予告編】https://youtu.be/QqC9i4UVaqk


●『CinemaBridgesRoad Vol.2 Christmas Eve Night! 〜〜〜聖夜の夢と現〜〜〜』2011/12/24池ノ上シネマボカン
上映作品『鏡の中の恋人』
招待作品『「ウロボロス』『どんぐり眼プロダクション短編映画メドレー』『クラスメイト』
クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/6LHJPCCo0eI


●『ファンキームービー&シネマブルース! 黒い映画特集!』2012/3/18池ノ上シネマボカン
上映作品『浮浪 フクシマブルース』『浮浪 夢の残骸』『ワイルドストリート』
招待作品『always good』


●『旅する自主映画』2013/7/24池ノ上シネマボカン
上映作品『家出娘と修道女』『邪神島』『十五夜』『消え行く映画館 鎮魂』
クリックすると元のサイズで表示します


●『シネマ・カーニバル』2013/8/24池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/qnoVLz5y7QI


●『LoveYouLiveCinema!』2014/7/12池ノ上シネマボカン
上映作品『夜行運河』『記憶喪失惑星エデン』『時∞』『箱根を撮る人たち』『香港旅行』
クリックすると元のサイズで表示します
【予告編】https://youtu.be/j0OM5hQuJ5k

 

Filmography 我が茨の自主映画人生2  フィルモグラフィー

054 愚か者の涙
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2016年/4K/45分30秒)
【出演】 伊藤尚勇 鏑木悠利 松元航平 清水ヨネタロウ 沼岱高 林千浪  佐藤ザンス 山元俊幸 青井利佳 【協力】冨田智 横田幸男 渡部ひとみ 谷合りえ子
【脚本・監督・撮影・衣装・美術・編集】山岸夫婦 【制作】遊映舎
【物語】自主映画制作を生きがいとする孤独な男・望月誠二は、シェイクスピア劇で脇役専門の地味な印象の女優・園田優子の熱烈なファンだった。誠二はいつか彼女を主演にした映画を撮りたいと願っていたが、その願望はある夜、優子を誘拐、監禁するという卑劣な犯罪として実現した。
 舞台女優とファン、主演女優と監督、被害者と加害者という立場が交錯する、2人だけの常軌を逸した映画撮影が始まるのだった。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2016/11/19 「『愚か者の涙』上映会」池ノ上シネマボカン
2017/5/7 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
クリックすると元のサイズで表示します


055 判決
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2017年/4K/16分50秒)
【出演】新惟ジン 松本航平 土田有希 吉武紀一 尾形美香 冨田智 
【原作】フランツ・カフカ 【撮影/照明】廣田恒平 【助監督】高部真一郎 【撮影協力】カフェ・デリス 【音楽】G武蔵野 【脚本・監督・美術・編集】山岸夫婦 【制作】遊映舎
【物語】浩二は家業の雑貨店を繁盛させ、財界の大物の娘藤子との結婚を控えていた。彼は韓国へ渡った友人を結婚式に呼ぶべきかどうか、孤独に暮らす父に相談しに行くが、父は支離滅裂な言動で浩二を翻弄するのだった。果たして父は狂ってしまったのか? そして父が浩二に下す”判決”とは?
【解説】フランツ・カフカの短編『判決』の映画化。ペストマスクの男以外はほぼ原作に忠実な作品。でもこのペストマスクの男がこの映画の物語的にも演出的にも肝になっている。
2018/3/18  「『判決』上映会」時遊空間
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2018/5/6 『ハイロフリースペース』アピア40

 

Filmography 我が茨の自主映画人生  フィルモグラフィー

 今年(2015年)で、初めて8ミリカメラを回してから35年という年月が経ち、作品数が50本を超えた。そして世は映画誕生120年、敗戦後70年と何だかメモリアルな年だ。
 最近、80年代の8ミリ映画(サイレント/ドキュメント/イメージ)の私しか知らない人がいたり、90年代の8ミリ映画(アクション/コメディ)の映画しか見たことがない人がいたり、或いは00年代の怪奇劇場関連の活動しか関心無い人がいたり、はたまた震災以降の社会派映画だけで判断されたり……自分が何人もいるような気がして気持ち悪い(笑)。
 又、昨年(2014年)存在すら忘れていた8ミリフイルムを発見した事もあり、このあたりで一度過去を振り返って我が茨の自主映画人生を統合し総括しておきたいと思った。50数本の作品群の内、半数が8ミリフイルム、残り半数がminiDVを使用。特定のジャンルに収まりきらない視野の広さと多様性(節操がないとも言えるが…)は誇りたい。最初の消失してしまった3作がその後の歩みを予告している(ドキュメンタリー/サイレント/ジャンル映画)ようで我が事ながら興味深い。塵も積もれば…。
 文章は過去のHPやブログのものを加筆修正し、各作品の上映履歴も調べて付け加えた。お暇な時にでもご覧下さい。



001 体育祭
(1980年/高校の文化祭にて上映/フイルム消失)
【撮影・編集】山岸


002 少年の二つの顔
(1981年/イメージ編/8mmフイルム・サイレント/記憶では5〜6分/文化祭にて上映/フイルム消失)
【出演】下沢徹 他 【脚本・監督・撮影・編集】山岸


003 少年の二つの顔
(1981年/ドラマ編/8mmフイルム/約40分/文化祭にて上映/フイルム消失)
【出演】下沢徹 他 【脚本・監督・撮影・編集】山岸
【解説】初めて8ミリカメラを回したのは高校で映研設立直後、顧問の先生の依頼で作った体育祭の記録映画だった。その時余ったフイルムで「少年の二つの顔」イメージ編を撮った。体育館でバスケットボールをする二人の若者。ラスト、一人がもう一人をナイフで刺し殺す。作品と呼ぶにはあまりに未熟なその5〜10分のフイルムは映像だけは美しかったと記憶している。
 そして翌年初のドラマ作品である本作が出来た。内容は、受験ノイローゼにより2重人格になってしまった高校生が友人達を次々と殺害していき、最後には駅のホームから電車に飛び込み自殺するというかなり救いの無い陰惨なホラー。学園祭で上映したが会場を寒々しい空気で包んでしまった。挫折感を味わい自分でもあまり愛着を感じる事無く、映研のロッカーに残したまま30数年……


004 北海道旅行
クリックすると元のサイズで表示します
(1984年/8ミリフイルム/2分30秒) 【撮影・編集】山岸
【解説】昨年(2014年)我が部屋の秘境・押入れの奥から発掘されたフイルム。1984年夏、父母の故郷である夕張を訪れた際に札幌、小樽などへ足を延ばした時の映像。女の子ばかり撮っている(恥…)。
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/yIL49PRANp4


005 箱根を撮る人たち
クリックすると元のサイズで表示します
(1984年/8ミリフイルム/4分50秒) 【撮影・編集】山岸
【解説】昨年(2014年)の発掘品。1984年、東京専門学校(現ビジュアルアーツ)映画芸術科の箱根撮影実習旅行の様子。ワンカット逆回しの映像があるが、これはカメラを上下逆さまに構えて撮ったフイルムを上下裏表逆さまにして繋ぐとこうなる。雑誌”小型映画”で覚えたテク。
【上映履歴】
2014/7/12 『LoveYouLiveCinema!』池ノ上シネマボカン
2014/10/19 『ホームムービーの日 調布2014』調布市北部公民館 第1・第2学習室 (8ミリフイルム上映)
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/-I8wSwbWo3I


006 ひかり
クリックすると元のサイズで表示します
(1984年/8ミリフイルム/4分35秒) 【撮影・編集】山岸
【解説】昨年(2014年)の発掘品。1984年、東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)映画芸術科の制作実習作品で教師に「『光』をテーマに何か撮ってこい」と言われて撮った。当時私は何を考えていたのだか(笑)? 教師には怒られたが、今見ると時代風俗の資料としての価値くらいはあるだろうと思うが、どうか?
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/_kVyou97DuU


007 時∞
クリックすると元のサイズで表示します
(1984年/8mmフイルム・サイレント/4分15秒)
【出演】柳沢修 【脚本・監督・撮影・編集】山岸
【解説】長い間その存在を忘れていた、これも昨年(2014年)の発掘品。1984年、東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)映画芸術科の制作実習作品で「『時』をテーマに何か撮撮ってこい」と言われて撮った作品。テーマに沿った内容といえるかどうか判らないが意外と作品としてまとまっているとは思う。無邪気にコマ撮りを楽しんでいた。
【上映履歴】
2014/7/12 『LoveYouLiveCinema!』池ノ上シネマボカン
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/Dz1gbmTFNNg


008 ラジカセmarantzのCM
クリックすると元のサイズで表示します
(1985年/8mmフイルム/60秒)
【出演】柳沢修 バイト先の女の子 【脚本・監督・撮影・編集】山岸
【解説】1984年、東京写真専門学校(現ビジュアルアーツ)映画芸術科の制作実習作品で、当時私が所有していたラジカセmaranntzのCM。撮影場所は代々木公園。人形役の女の子はこの時ノーブラで「(胸が)見えちゃうよ」と言ったら「いいの」だと。変わった娘だった。
 フイルムには招き猫カゲキ団「第一歌曲集」(1984)の楽曲を録音しているが、ユーチューブ版では編集ソフトの(たぶん…)著作権フリーの曲を使用。フイルムを映写機で上映すると、もっと色が鮮やか。
【上映履歴】
2008/4/19 『B.DASH上映会 Vol.20』BABACHOPシアター
2017/6/4 『融解座』(高田彰ギター伴奏付上映)江古田Cafe FLYING TEAPOT
●YOUTUBE↓
1984年版 http://youtu.be/EhmLOkiqcJo
2017年版 https://youtu.be/8td40ZYR33A


009 TOKYO PANORAMA HUNTING
クリックすると元のサイズで表示します
(1985年/8mmフイルム・既成曲付き/12分)
【出演】柳沢修 【脚本・監督・撮影・編集】山岸
【解説】「時 ∞」を発展させたような内容。途中ホワイトリーダーが入るっている箇所に数シーン入るはずだったが抜けている(未撮影)ので、この後意味不明で唐突な展開になってしまっている。元々人に見せることを考えていない作品なのでこれはこれで良いんじゃないかと(上映の記録/記憶がなし)…今さらどうしようもないし。
 フイルムには某有名クラッシック音楽を録音しているのだが、ユーチューブ版では著作権対策で別の音楽と効果音を入れ直した。
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/VJsQ4GNJbVc


010 RESCUE PLAZA
クリックすると元のサイズで表示します
(撮影1986年-編集・完成1993年/8mmフイルム/18分)
【出演】下沢徹 原間井友紀 鈴木康之 鶴島洋二 高橋昭代
【脚本・監督・編集・美術】山岸 【撮影】鶴島洋二 山岸 【音楽】加藤暢巳 【制作】VENUS FILM
【解説】今にしてみれば80年代の集大成的作品だが、1986年に撮影後、フイルムを放ったらかして7年間映画作りから遠ざかり、93年にようやく完成し1度だけ上映した。夢の島埋立地を舞台に展開する近未来ファンタジーのつもりで撮ったのだが、この時期観客を楽しませようとか何かを伝えようという気はさらさら無かったようだ。タイトルと字幕の文字があまりにも下手で見るに堪えないので編集ソフトで作り直した。
【上映履歴】
1994/3/6 『HALFTIME 8ミリ映画ないとin高円寺』高円寺HALFTIME (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/ssomkspBpoY


011 プライベートフイルム
(1990〜1993年頃/8ミリフイルム/5分)
【解説】『北海道旅行』『箱根を撮る人たち』『ひかり』『時∞』などと同様、昨年(2014年)の発掘品。当時付き合っていた彼女と小金井公園及び信濃町は聖徳記念絵画館近辺を訪れた際の映像。こんなものフィルモグラフィーに加えても良いものかと迷ったが、意外と良く撮れているし、当時の撮影場所の記録としての価値ぐらいはあるだろうと思い加えた。が、公開はまずありえない。
 ユーチューブで公開している『1994年 冬』は94年春に撮影した『ワイルド・ストリート』のテスト撮影なのでフィルモグラフィーから除外。他にも学生時代の友人たちと撮ったバカ丸出しのおふざけフイルムや、某作品に出演した女優が撮影の合間に下着姿或いは全裸ではしゃいでいる大変恐ろしいオフショットなども発見されているのだが、その方々の名誉の為に公開は控えておく。


012 仮面の不法侵入者
クリックすると元のサイズで表示します
(1993年/8mmフイルム/12分)
【出演】田波辰郎 山岸 【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【制作】VENUS FILM
【解説】前作「RESCUE PLAZA」から7年のブランクを経て、一切の技術を忘れ本能のみで撮ったかのようなバカ映画。しかしなぜかウケが良く(時代か…)私自身を含む世のヘタクソ監督たちに誤った勇気を与えてしまった罪深き作品。内容は在日アジア人の悲喜劇。私が顔を茶色く塗ってインドネシア人を演じている(笑)。まず今後の上映は無いだろう。
【上映履歴】
1993/12/26 『最低8ミリ不況映画祭』文芸座ル・ピリエ (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
1994/3/6 『HALFTIME 8ミリ映画ないとin高円寺』高円寺HALFTIME (8ミリフイルム上映)
1995/1/1 『カウントダウンEGGS』代々木公園野外上映 (8ミリフイルム上映)
1995/春 『ガレージシアターEGGS』三軒茶屋 (8ミリフイルム上映)
1995/6/3 『映画館FUCKTORY』日大芸術学部 (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


013 ワイルド・ストリート
クリックすると元のサイズで表示します
(1994年/8mmフイルム/モノクロ・パートカラー/46分)
【出演】沢井英樹 鈴木康之 龍道太 高橋昭代 加藤暢巳 田村裕子 樋口理恵子 原間井友紀 田波辰郎 西村明紀 他
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【音楽】鈴木康之
【協力】佐藤敦 高円寺HALF TIME (株)ライト・ワーク 【制作】VENUS FILM
【解説】パチンコ景品所強盗を繰り返す三人のチンピラとポーの詩を愛読する不気味なインテリやくざが陰鬱なモノクロ画面の中、凄惨な死闘を繰り広げる山岸流日活アクション。この頃から役者の演技を重視し物語性の強い映画を志向し始める。そして絵コンテを使用して撮影された最後の作品。「机上で描かれた絵の通りの映画が出来たとして(製作者にとって)何が面白いのか?」と思い、その後絵コンテを描いたことはない。
【上映履歴】
1995/5/21 『花と嵐と8ミリ映画』恵比寿・シネプラザ・スペース50 (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します
1998/8/8,8/9 『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』 新宿パンプルムス (8ミリフイルム上映)
2001/4/28 『歓楽街の8ミリ映画館』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2007/8/18 『B.DASH上映会 Vol.12』BABACHOPシアター
2012/3/18 『ファンキームービー&シネマブルース! 黒い映画特集!』池ノ上シネマボカン


014 幻の女
クリックすると元のサイズで表示します
(1995年/8mmフイルム/カラー・パートモノクロ/63分)
【出演】中瀬浩二、楠瀬和也 古川多恵子 大門堅二 すんまつ 喜多澤りさ ハラショー 渡辺和子 龍道太 山岸
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】立石尚二 【特殊造形】山本洋 【音楽】中瀬浩二 上田文久
【協力】松本利恵 ボンクラフト (株)トライアングル (株)ライトワーク 【制作】VENUS FILM
【解説】浅草を舞台に展開する、探偵・蜥蜴屋蜘蛛之介と怪人カリガリ博士の対決。いかがわしく怪しげな登場人物たち、笑う女の生首、十本腕の巨人との戦い、魚市場での追跡など見所満載! 劇団クレイジージャップの俳優が多数出演、脇を固めた。又、主演中瀬浩二の渋い歌声を支える、迫力のドラムを叩いているのは"町田町蔵+北澤組"の北澤孝一氏。(自分の思い込みでは)サミュエル・フラー風の強固な画面造形の中、ワルノリ演出が炸列!!
 第1回インディーズ・ムービーフェスティバル敗者復活。敗者なんだな、敗者……撮影期間中に阪神大震災と地下鉄サリン事件(翌週に築地魚市場での撮影が行われた)が発生。
【上映履歴】
1995/7/29,7/30 『ワルツな夜』大塚ジェルスホール (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
1996/春 『ガレージシアターEGGS』三軒茶屋 (8ミリフイルム上映)
1998/8/8,8/9 『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』 新宿パンプルムス (8ミリフイルム上映)
1999/4/17 『映像DEナイト』聖蹟桜ヶ丘LOOSE VOX (8ミリフイルム上映)
2007/1/20 『B.DASH上映会 Vol.5』BABACHOPシアター


015 臆病者の破片
クリックすると元のサイズで表示します
(1996/年/8mmフイルム⇒VHS/6分)
【出演】穂山賢一 古川多恵子
【撮影・監督・編集】山岸 【作詞・作曲】穂山賢一
【協力】EGGS 宮本拓 工藤涼子 畠山いくこ 原宿スタジオ 【制作】VENUS FILM
【解説】「さよなら」のメモを残して去った彼女を追って町を彷徨うケンちゃん。だけど彼女とはすれ違ってばかり……96年制作、穂山賢一氏の同名曲のプロモーション・ビデオ。
【上映履歴】
1996/8/10 『NAKED MACHINE LIVE』BOX東中野
クリックすると元のサイズで表示します
1997/6/7 『爆映展'97』BOX東中野
クリックすると元のサイズで表示します
1998/8/8,8/9 『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』 新宿パンプルムス
2008/4/19 『B.DASH上映会 Vol.20』BABACHOPシアター
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/Q6VWMyf3ZJM


016 香港旅行
クリックすると元のサイズで表示します
(撮影1997年-編集・完成2014年/8mmフイルム・同時録音/10分45秒)
【撮影・編集】山岸
【解説】中国返還直前の香港ひとり旅。
【上映履歴】
2014/7/12 『LoveYouLiveCinema!』池ノ上シネマボカン
2014/10/19 『ホームムービーの日 調布2014』調布市北部公民館 第1・第2学習室


017 プレイバック
クリックすると元のサイズで表示します
(1997年/8mmフイルム・同時録音/23分)
【出演】鈴木恵美子 藤井基成 中島久光 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】櫻井彰 【特殊メイク】山本洋 【ガン・アドバイザー】山田ミノル 【音楽】吉岡敬倫 【協力】桑島利之 日比谷サロー 大井競馬場 (株)ライト・ワーク
【制作】VENUS FILM
【解説】普通の女の生活に憧れる、殺し屋ユキを待ち受ける冷酷非情な罠。俳優陣の渋い演技、一撃必殺の殺しのシーン、緊張感溢れる四分割画面が見どころ。シンプルでオーソドックスな演出が、B級映画の殺気を感じさせる一遍。完成直後の上映会ではすこぶる不評だったが10年後の上映では私の最高傑作とまで言われた。不思議なものだ。
【上映履歴】
1997/8/24 『シネマサーカス』池尻大橋SALON"S-36・31" (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
1998/8/8,8/9 『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』 新宿パンプルムス (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2001/4/28 『歓楽街の8ミリ映画館』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2002/3/9,4/5,4/27 『調布市仙川社会芸術展”THE市場”』野外上映 (8ミリフイルム上映)
2007/11/17 『B.DASH上映会 Vol.15』BABACHOPシアター
2011/8/20 『殺し屋×強盗×探偵×刑事…最後に笑うのは誰だ!? 真夏の暗黒街特集!』池ノ上シネマボカン


018 恋する乙女のラプソディー
クリックすると元のサイズで表示します
(1997年/8mmフイルム・同時録音/25分)
【出演】梅本実希 南条昭雄 百瀬典子 山岸信行 安井昭裕 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】櫻井彰 【音楽】森本康史 【劇中VTR製作】宮本拓
【協力】TEPPROJECT シネマ・イン・キャスト 【制作】VENUS FILM
【解説】デートクラブでアルバイトするなつみは、お金じゃ買えない何かを求めている自分に気が付いた。「やはり……愛?」そんな彼女の前に、笑顔が素敵なカメラマンが現れた。前作「プレイバック」の作風を引き継ぐ姉妹編?だが、画面も演出が破綻している。恥ずかしながら私がデートクラブの陰険な店長役を演じています。
【上映履歴】
1998/8/8,8/9 『山岸映像個展"VENUS FILM COLLECTION"〜東京暗黒街8ミリ映画の家〜』 新宿パンプルムス (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2001/4/28 『歓楽街の8ミリ映画館』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2002/3/9,4/5,4/27 『調布市仙川社会芸術展”THE市場”』野外上映
2007/6/16 『B.DASH上映会 Vol.10』BABACHOPシアター


019 死びとたちに捧げるブルース
クリックすると元のサイズで表示します
(1998年/8mmフイルム・同時録音/21分)
【出演】中瀬浩二、中島久光、藤井基成、梅本実希、安井昭裕、山田貴子、田中敦、他
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【助監】督石田勝巳 【照明】臼井崇 【録音】飯田祥子
【音楽】よいよい 【協力】LOOSE VOX 劇団ライティングフェイス 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】ブルースシンガー、ナカセは闇夜に響くピアノの甘美なメロディに誘われて、とあるバーに入る。そこの常連客たちと夜通し飲み、歌い、一夜明けると彼は自分の歌が大ヒットしていることを知る。再びバーに足を運ぶナカセ。そこで待ち受けていたものは……
【解説】「キッスで殺せ、ダンスで蘇れ!」シリーズの第一弾。しかしその後続編は作られていない。滅び行くもの(死びと)に哀悼の意を表す倫理的な怪奇譚。
【上映履歴】
1999/4/17 『映像DEナイト』聖蹟桜ヶ丘LOOSE VOX (8ミリフイルム上映)
2000/5/27 『歓楽街の怪奇劇場』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2002/3/8,3/30,4/28 『調布市仙川社会芸術展”THE市場”』野外上映
2002/7/8 『プラスワン自主映像祭vol.8』新宿ロフトプラスワン
2005/12/10 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
2008/1/19 『B.DASH上映会 Vol.17』BABACHOPシアター
2016/11/19 「『愚か者の涙』上映会」池ノ上シネマボカン (8ミリフイルム上映)


020 BEAUTY VOX
クリックすると元のサイズで表示します
(1999年/8mmフイルム・同時録音/16分)
【出演】中瀬浩二 山田貴子 【監督・撮影・録音・編集】山岸
【協力】LOOSE VOX 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】聖蹟桜ヶ丘のバー”LOOSE VOX”にて撮影。バンド”よいよい”のリハーサル風景。曲作りの苦楽。
【上映履歴】
1999/4/17 『映像DEナイト』聖蹟桜ヶ丘LOOSE VOX (8ミリフイルム上映)
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/FZA_BKKDpeg


021 ゴーストゲーム
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(1999年/8mmフイルム/37分)
【出演】山岸信行 安井昭裕 今井千恵 冨塚智 後藤里恵 冨田直美 金森勝 堀口竜太 溝上智子 源明玖美 峰文生 三宮英子 川原勇一 中島久光
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】飯田祥子 【照明・特殊造形】山本洋 【音楽】田中敦
【協力】ONEOR8 劇団吹きだまり シネマ・イン・キャスト ボンクラフト 【チラシイラスト】MEGUMI 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語・解説】「お前たちの罪が私を呼んだ…」多摩山中にある倉庫で夜な夜な密やかに行われる交霊会。それは詐欺グループ<非出国からの声>によって仕組まれた非情なゲームだった。
 その晩も哀れなカモとなる依頼客の、家族や恋人に扮したイカサマ幽霊が涙とカネを絞り取るはずだったが……ゲームのルールは破られた。ホンモノが現れたのだ! 地獄に落ちたペテン師たちの恐怖と戦慄のゲームが始まった!
【解説】以上のように書くとなかなか面白そうだと思われるかもしれないが、主演が私だし撮影が酷いしと、とにかく駄作。今後上映の機会は無いものと思われる。
【上映履歴】
2000/5/27 『歓楽街の怪奇劇場』新宿歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します


022 探偵とバラバラ死美人
クリックすると元のサイズで表示します
(2000年/8mmフイルム/12分)
【出演】田中敦 三宮英子
【脚本・監督・撮影・編集・音楽】G.武蔵野 【特殊造形】山本洋 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】ラブホテル街---ビデオカメラ---探偵---白いマフラーの女---都会の雑踏---雑木林---枯葉---バラバラ死美人。700秒の恐怖詩。
【上映履歴】
2000/5/27 『歓楽街の怪奇劇場』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2002/8/3〜8/4 『劇団喫茶なごみ 第一回自主映画上映会”ハイヒール出撃”』横須賀市文化会館中ホール
2002/8/16〜8/18 『劇団喫茶なごみ 第一回自主映画上映会”ハイヒール出撃”』なかのZERO視聴覚ホール 
2005/12/10 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
2008/9/20 『B.DASH上映会 Vol.25』BABACHOPシアター


023 荒野のアリス
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
(2000年/8mmフイルム/48分)
【出演】三宮英子 後藤里恵 中島久光 源明玖美 川原勇一 百瀬典子 藤井基成 大野泰山 野本光一郎
【脚本・監督・編集・イラスト・テーマ曲】山岸 【撮影】G.武蔵野
【美術】源明玖美 【特殊造形】山本洋 【音楽】田中敦
【協力】クラブ・シャルマン シネマ・イン・キャスト Orenji Mechanic Vital Nauts 岩田信
【制作】B-SHOT PICTURES
【狂った物語】 アタシの名前はアリス。下町のホテトル嬢。今日も都電に揺られてお仕事、お仕事。でも最近ちょっとご機嫌斜めなの、なぜって会うお客さん会うお客さんみんなアタシのことルルって娘と間違えるんだもの。(ルルはアタシよりちょっと派手でボインみたい。)アタシにソックリだっていうルルのことが何故だか気になって仕方が無いの。でも親友のすずらんも店のママ蝶々夫人もアタシを変な娘扱いするだけ……
 そんなある晩アタシは夢を見た。ルルの夢。ドクロの彼女がアタシにメッセージを送って来る。"S・O・S!"さあ大変! すずらんの魔法の映写機でルルを捜すと彼女は大きなお屋敷の中。エッチそうなオジサンと怖い顔のせむしのオジサン、そして何故かママが怪しげな話をしている。ロボトミー手術? 変態性欲の奴隷? 全身細胞性感帯? どういう事? すずらんは危険を感じて逃げちゃうし、賢い牛さんやアタシの影に相談してもお腹がグ〜ッと鳴って頭がクラクラするだけ。そんな時、ルルはエッチなオジサンにエッチな機械で頭がクラクラするほどエッチな事されてお腹がグ〜ッと鳴るようなヒドイ事されて死んじゃった。そんでもって幽霊になって出てきた。「私は死にたくない!」だって……もう手遅れよ。
 でもナンカ可哀想だと思ったアタシは、オジサンたちを懲らしめてやろうと思ってお屋敷に行ったの。エッチなオジサンはせむしのオジサンの妹さんにもエッチな事やりたい放題。もう許せない! 何故かカウボーイスタイルになったアタシはオジサンたちをバキューン、バキューンってやっつけちゃったわ。ルルもお墓の下で喜んでいると思うわキット。アタシだって嬉しくってお花畑でグルグル回転しちゃったんだもの。ルンラ、ルンラ、タリラララ〜♪
【解説】「少女の頃の思い出は月のものに混じって流れ出し、花々を七色に染めた。この花々は永遠に枯れる事がないだろう」少女アリスがカウガールに変身して、自分と瓜二つの少女ルルを変態富豪から救出する物語。2000年に発覚した新潟少女監禁事件をヒントにした、ミレニアムという祝祭的な年の楽観的気分と世紀末的厭世感が同居したようなバカ映画。
【上映履歴】
2001/1 『関係者試写会』銀座クラブ・シャルマン (8ミリフイルム上映)
2001/4/28 『歓楽街の8ミリ映画館』歌舞伎町Fu- (8ミリフイルム上映)
2001/5/13,5/27,6/10,6/24 下北沢トリウッド
2004/4/10 『三宮英子特集』池ノ上シネマボカン (8ミリフイルム上映)
クリックすると元のサイズで表示します
2007/2/17 『B.DASH上映会 Vol.6』BABACHOPシアター
2009/12/12 『LET IT B-SHOT PICTURES』池ノ上シネマボカン


024 現金作戦 奴らを騙せ!
クリックすると元のサイズで表示します
(2001年/8mmフイルム/34分)
【出演】中島久光 川原勇一 照井祐子 小底直也 百瀬典子 藤井基成 山岸
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】岩田信 【音楽】田中敦 山下晴尚 【助監督】飯田祥子
【協力】劇団EASY シネマ・イン・キャスト 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「俺たちの金も、夢も、命も大丈夫だ!」東京近郊、3人組の強盗が郵便局を襲い奪った三千万、それはヤクザ絡みのヤバイ金だった。3人組と凶暴なヤクザの、現金をめぐる知恵と勇気を懸けた戦いが始まった!
【解説】ラストシーンをニューヨークロケしようという計画があり、明日旅行代理店に行ってみようという時、NY同時多発テロが発生。一応代理店に行ってみたら「今、それどころじゃありません!」と尤もな事を言われ、結局お台場の自由の女神を撮ってお茶を濁した。テレシネ版は業者が未熟でモコモコした映像。フイルム上映したい。
【上映履歴】
2002/7/10,7/17,7/24,7/31 下北沢トリウッド
クリックすると元のサイズで表示します
2011/8/20 『殺し屋×強盗×探偵×刑事…最後に笑うのは誰だ!? 真夏の暗黒街特集!』池ノ上シネマボカン


025 東京冬物語
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2001年-2002年/8mmフイルム⇒HI-8テレシネ編集/16分30秒)
【出演】佐竹麻希 藤山昇 後藤里恵 野本光一郎 源明玖美 山岸
【脚本・監督・撮影・編集・音楽】山岸 【協力】劇団ら。ふ。 ONEOR8 東京タワー
【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】「戦争だなんて・・・信じられない。」自衛隊海外派兵に若者たちは何を思ったか? ドキュメントタッチ且つ観念的に綴られた異色のラブストーリー。
 現像が上がったフイルムをそのまま全てテレシネしてからパソコンに取り込み編集したので、フイルムは未編集のまま。フイルムを無傷の状態で観賞出来るようにしたかったのと、フイルムにデジタルの特殊効果を加えてみたかったのだが、今見るとその特殊効果がダサいしウザいし、『現金作戦』同様テレシネした業者が未熟で映像があまりクリアじゃない。やはりフイルム自体を編集して映写機上映したいが、音声の同期の問題があり未だ手つかずだ。内容は今でも通用すると思う。
【上映履歴】
2002/7/10,7/17,7/24,7/31 下北沢トリウッド
2002/8/25 『A.B.C.Partisan GIG』吉祥寺WARP
2004/12/18 『LOVE & PEACE PROJECT』池ノ上シネマボカン
2005/6/25 『シネマキャバレー』scum2000
2007/9/15 『B.DASH上映会 Vol.13』BABACHOPシアター
2009/12/12 『LET IT B-SHOT PICTURES』池ノ上シネマボカン


026 VOODOOBLOOD
(2002年-2003年/miniDV/全3話計65分)
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋了 【助監督】鈴木里佳 永井薫
【照明】イトイ 【美術】源明玖美 中島久光 【録音】VB-SE隊 【音楽】GOTHIC LOGIC
【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】現代日本に英国ハマープロの吸血鬼を甦らせようとした志高き作品。端正なB級怪奇映画の趣きの「闇から響く声」、現代日本の危うい状況を反映した集団劇「呪われた町」、物語の細部をすっ飛ばしご都合主義全開の「地獄への扉」。初のビデオ作品だが「ビデオ映像も悪くないじゃん」と思った。
クリックすると元のサイズで表示します
第1話「闇から響く声」(19分) 【出演】中島久光 後藤里恵 中島佳子 野本光一郎 佐竹麻希 藤山昇

クリックすると元のサイズで表示します
第2話「呪われた町」(28分) 【出演】川原勇一 三宮英子 冨塚智 ダイアナ 平野圭 恩田隆一 百瀬典子 中島久光 清宮雅子 井上陽菜 谷川由紀子 鈴木里佳 GOTHIC LOGIC 藤山昇

クリックすると元のサイズで表示します
第3話 「地獄への扉」(18分) 【出演】山岸 cherry witch 源明玖美 川島田ユミヲ 出野政彦 渡瀬都 中島久光 後藤里恵 野本光一郎 佐竹麻希 三宮英子 sakura bitch toshi mew 藤山昇
【上映履歴】
2003/8/16,8/17 「闇から響く声」「呪われた町」下北沢トリウッド
2003/9/10,9/11 「闇から響く声」「地獄への扉」下北沢トリウッド
2003/10/29 「闇から響く声」「呪われた町」下北沢トリウッド
2003/10/30 「闇から響く声」「地獄への扉」下北沢トリウッド
クリックすると元のサイズで表示します
2004/8/28 全3話『シネマキャバレー』池袋scum2000
2005/8/27 「闇から響く声」『シネマキャバレー 〜納涼怪奇映画特集〜』池袋scum2000
2005/12/10 「地獄への扉」『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
2006/7/12 全3話『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』池ノ上シネマボカン
2007/7/21 全3話『B.DASH上映会 Vol.11』BABACHOPシアター


027 恐怖のピクニック
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2004年/miniDV/3分)
【出演】宮川ひろみ 中島久行 藤山昇 田中美香
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋了 【助監督】鈴木里佳 【企画】朝めし前プロジェクト企画 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】内容はジャック・クレイトン『回転』からヒントを得て作られた幽霊譚。”自主映画の女王”に迫り来る恐怖!
【解説】朝めし前プロジェクト企画『宮川ひろみの全貌ぅ?』の依頼作品。各自主映画制作団体のホームページのCM映像をそれぞれ作るという、どう考えても本末転倒な企画。真面目にそんなもん作る人は誰もいないだろうと、私は短編ホラーとして通用する内容にして最後にアドレスを表示するだけに止めたのだが、上映会当日、蓋を開けてみれば私以外は皆さん生真面目にホームページのCM映像を作っていらっしゃったのでした。
【上映履歴】
2004/2/29 『宮川ひろみの全貌ぅ?』池袋scum2000
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2005/12/10 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
2009/7/18 『B.DASH上映会 Vol.35』BABACHOPシアター
2016/6/5 『融解座』(サイレント字幕版/高田彰ギター伴奏付上映)江古田Cafe FLYING TEAPOT
クリックすると元のサイズで表示します
●YOUTUBE↓
2004年版 https://youtu.be/NznjrZQXAIg
2016年版 https://youtu.be/ZqNZSuubgTo


028 LOST SOUL
クリックすると元のサイズで表示します
(2004年/miniDV/14分)
【出演】中島久行 藤山昇 cherry witch 野本光一郎
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影・照明】G.武蔵野 【録音・助監督】鈴木里佳 【音楽】Gotic Logic 【制作費提供】G&B Entertaiments 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「この不思議な森で、人は全てを失い、生まれ変わる。」 男が山道をドライブ中、ある若者に出会う。若者は「過去」を失い魂をも失っているかのようだった。男は若者に導かれ廃墟へ、そして謎めいた女に出会い人知を超えた森へと迷い込む。
【解説】奥多摩湖ロープウェイ川野駅跡とその周辺の森にて撮影。映画を「裸の映像、裸の音響」で作るという制作方針のもと、ワンカットを除き全て固定カメラ、同時録音セリフ無しという撮影スタイルで魂の輪廻を描いた作品。
【上映履歴】
2004/6/12 『G&B Entertaiments主催上映会』池ノ上シネマボカン
2004/9/16 10分バージョン『東京ファンタスティック映画祭2004 600秒映像部門予選会』ニッポン放送 イマジン・スタジオ・ファンタスティック・シアター
2005/2/26 『シネマ・キャバレー』scum2000
2012/12/8 『「十五夜」「地の塩」お披露目上映会』池ノ上シネマボカン
2016/10/2 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
2018/2/12 『 M’s映画祭 』吉祥寺曼荼羅


029 鏡の中の恋人
クリックすると元のサイズで表示します
(2004年/miniDV/19分30秒)
【出演】藤山昇 さいとうますみ RikaRika 中島久行
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】G.武蔵野 【助監督】鈴木里佳 【照明・録音】中島久行
【音楽】free music 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】透(30歳)は会社をリストラされ妻にも去られ、無為の生活を送っていた。ある日、公園で鏡を拾い家に持ち帰ると、鏡の中から女の声が聞こえて来る。響子と名のる鏡の中の女は、町中のあちこちの鏡を移動して透の行く先々へ現われ、透にちょっかいを出したり悪戯をして透を困らせる。「アタシ、透が好きになっちゃったみたい」響子の愛故の行為がやがて透のいじけた心を立ち直らせていく。そして嵐の夜……
【解説】"LOVE & PRACE PROJECT"の為、急遽制作。山岸映画初出演のさいとうますみさんを迎え、スクリューボールコメディに挑戦! 新境地開拓か!?
【上映履歴】
2004/12/18 『LOVE & PEACE PROJECT』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2005/1/30 『CUT主催第5回えーぞーふぁんたじあ』池袋scum2000
2005/3/13 『神石映画同好会主催の上映会』広島県神石群神石町大字高光 神石町総合交流センター「じんせきの里」
2007/5/19 『B.DASH上映会 Vol.9』BABACHOPシアター
2011/12/24 『CinemaBridgesRoad Vol.2 Christmas Eve Night! 〜〜〜聖夜の夢と現〜〜〜』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2016/11/6 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT


030 怨霊の棲む家
クリックすると元のサイズで表示します
(2005年/miniDV/17分)
【出演】さいとうますみ 佐竹麻希 清水英二 藤山昇 三宮英子
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋了 【録音】アキロー 【助監督】鈴木里佳
【協力】上田アオイ 【音楽】大宝慎哉 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】都内の古い一軒家をただ同然で譲り受けたOLの加奈。何年かぶりに高校時代の親友陽子が訪れる。再会を喜び過去を懐かしむ二人。しかし彼女たちの背後には、家に憑く怨霊の姿が迫っていた。
【解説】念願の企画だった怪奇劇場の為の第一作目。何としても怖い映画にしたいと思い、それならやはりゾンビや吸血鬼ではなくリアリティのある幽霊だろうと。で、なかなか怖くなったとは思うが如何せんオリジナリティが不足、物語の面白味に欠ける。Jホラーの模倣と学習に終始し、基本を学んだ作品。
【上映履歴】
2005/12/10 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2006/7/12 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』池ノ上シネマボカン
2006/10/14 『B.DASH上映会 Vol.2』BABACHOPシアター 
2006/10/8-14 『ふかやインディーズフイルムフェスティバル』ふかやレンガホール
2009/2/1 『グランドムービー・カーニバル2009』烏山区民センター大ホール


031 地獄花火
クリックすると元のサイズで表示します
(2005年/miniDV/26分)
【出演】星野佳世 藤山昇 真名瀬遥 裕麻 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】G.武蔵野 【照明】辻淳 【録音】アキロー 【助監督】鈴木里佳 【音楽】大宝真哉 【協力】洗井続久 A PICTURES シネマ・イン・キャスト
【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「生きても地獄、死んでも地獄」花火職人の紀子は天才花火デザイナー向井に誘われ、神秘的な色彩の打ち上げ花火「地獄花」の秘密を探るべく、彼の屋敷へ赴いた。そこで紀子を待ち受けていたのは想像を絶する地獄の体験だった!
【解説】『怨霊の棲む家』とは逆にオリジナリティを重視した。面白い物語になったと思うが如何せん怖くはない。ホラーではないのだ怪奇映画なのだからゴリゴリに怖くなくても怪奇の雰囲気が溢れていれば良いのだ、と自らに言い聞かせ次に進む事にした。
【上映履歴】
2005/12/10 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2006/7/12 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』池ノ上シネマボカン
2006/11/18 『B.DASH上映会 Vol.3』BABACHOPシアター
2016/11/19 「『愚か者の涙』上映会」池ノ上シネマボカン


032 死美人の恋
クリックすると元のサイズで表示します
(2006年/miniDV/27分)
【出演】渡辺美樹 高木雄一郎 裕麻
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋了 G.武蔵野 【照明・録音】アキロー
【協力】中村祐子 A PICTURES カフェ21 【音楽】大宝真哉 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「愛と恐怖の必殺卍固め!」緑地開発の研究員・洋介がトンネルの中の不法ゴミ投棄現場で拾った女は精巧な人形だった。彼は人形に「ユカリ」と名付け、二人の奇妙な愛欲生活が始まる。が、やがて洋介に恋心を抱くOL聡子が現れ、捨てられたユカリの復讐心からなる壮絶な惨劇が始まるのだった。
【解説】エコロジー的テーマを含む怪奇譚。これも設定は面白いとは思うが怖さは薄味、色気に走った。(描写の)怖さと(物語の)面白さの両立への試行錯誤が続く。
【上映履歴】
2006/7/12 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2006/12/16 『B.DASH上映会 Vol.4』BABACHOPシアター
2012/12/8 『「十五夜」「地の塩」お披露目上映会』池ノ上シネマボカン


033 突風
クリックすると元のサイズで表示します
(2006年/miniDV/5分)
【出演】三宮英子 【脚本・監督・編集・音楽】山岸
【撮影】G.武蔵野 【助監督】鈴木里佳 【協力】アキロー D-TAK 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】一人の女性が体験する突風の怪を描いた作品。ホラー連作中の息抜き。
【上映履歴】
2006/7/12 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場U』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2006/12/9 『A PICTURES上映会』BABACHOPシアター


034 邪神島
クリックすると元のサイズで表示します
(2007年/miniDV/31分)
【出演】藤山昇 三宮英子 川原勇一 佐竹麻希 星野佳世 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影・照明】高橋了 【録音・助監督】白井里佳
【美術】G.武蔵野 【音楽】田中敦 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「神は死んだ、そして我々が神になる」若い夫婦が観光である島を訪れる。その島の洞窟を探索した夫、松井芳雄はその日から別人のように変貌していく。彼は病気なのか? 気が狂ってしまったのか?芳雄を愛する妻、響子は変わり果てた夫の奇矯な振るまい、容貌に苦悩する。精神病院ので治療は悪夢のような結果を招き、夫婦は恐怖と絶望に包まれる。そして濃い霧の晩、芳雄が家を出て行く。後を追う響子。行く先は謎に満ちたあの島だった。荒涼とした風景の中で響子が目撃した芳雄の正体とは!?
【解説】何とか怖さと面白さを両立させようともがきながら撮った作品。ラブクラフト風の設定を土台にエクソシスト2やらボディ・スナッチャーやら地獄くんやらいろんなものを混ぜ、画面分割したり主演女優に主題歌を歌わせたりやりたい放題楽しんで作った。
【上映履歴】
2007/8/4,8/11 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場V』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2007/9/16 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場V』BABACHOPシアター
2013/7/24 『旅する自主映画』池ノ上シネマボカン
2017/9/3 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT


035 林檎酒哀歌
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年/miniDV/43分)
【出演】創木希美 三宮英子 藤山昇 清宮雅子 佐竹麻希 越坂奈月 クシダ杏沙 佐藤ザンス 恩田浩 川原勇一
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋大 【音楽】田中敦
【協力】Cheers ASSH B級映画ランダム OutmanLab Magic-Gate
【企画】電丼 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】上京して5年、涼子の新しい勤め先は繁華街の小さなスナック。ママ藤子の人柄故か個性的な善人の集まる親しみ易い店だが、一つだけ問題がある。NO.1ホステスさゆりの存在だ。酒が強く我が儘で、自分の思いとおりに物事が運ばないと気が済まない女王さま。そんなさゆりにお人好しの涼子は振り回され翻弄され傷付けられ心労が絶えない日々……
 しかし同僚ホステスらの友情に支えられ、涼子の評判は日増しに良くなりさゆりを超える人気者に。さゆりの恋人春樹も涼子に心惹かれていく。密かにデートを重ねる春樹と涼子。やがてさゆりが2人の関係に気付き、悲劇が起こる。
【上映履歴】
2009/1/18 『アイノエイガ 上映会』江戸東京博物館大ホール
2009/4/4 『アイノエイガ アンコール上映会』BABACHOPシアター
2010/11/6 『林檎酒哀歌 上映会』原宿キネアティック
2011/2/5 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
2018/2/4 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT


036 THE OBSESSION
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年/miniDV/39分)
【出演】佐竹麻希 藤山昇 恩田浩 三宮英子 千葉竜吾 創木希美 清宮雅子 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】G.武蔵野 【音楽】田中敦
【協力】有限会社M&M OutmanLab 電丼 ASSH Magic-Gate 洗井続久 エポック・ピクチャーズ
【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】「妄想する者は救われる。」山中の工場に勤務する地味で垢抜けない女、良美は、母の呪いが原因で苔を成分とした奇妙な薬を毎日服用しないと生きて行けない体質になっていた。ある日、外出先で薬を紛失してしまった彼女と周囲の人々に病が、呪いが、妄想が襲い掛かり、彼らを破滅へ導くのだった。
【解説】疾病妄想エロティック怪奇譚。かなり変な物語だとは思うが怖さと面白さの探求/両立が最も叶った、私のホラー映画の到達点。最初のタイトル候補は『怪奇苔女』(笑)。正反対の意味合いの異なるラストシーンのÅバージョンとBバージョンがある。
【上映履歴】
2008/8/23,8/24 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場W〜魔界への誘い〜』池ノ上シネマボカン
2008/9/21 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場W〜魔界への誘い〜』BABACHOPシアター
クリックすると元のサイズで表示します
2018/2/11 『第48回ハイロシネマフェスト』アピア40
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2018/3/4 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT


037 あたたかいものに PV - SunnySugars
クリックすると元のサイズで表示します
(2008年/miniDV/5分)
【出演】サニー・シュガース 【監督・撮影・編集】山岸 
【解説】サニー・シュガース(永延香織‘Vo’ 油本隆宏‘Gu’ 田中敦‘Ba’)の曲「あたたかいものに」のPV。紅葉の季節に国立の並木通りで撮影。
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/s4ibpvPmsjE


038 幻影少年銀幕少女
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2009年/miniDV/53分)
【出演】貝原沙織 山岸 三宮英子 川原勇一 創木希美 藤山昇 清宮雅子 恩田浩 佐藤ザンス 天野芽衣子 石毛誠 若松綾子 阿部誠 クシダ杏沙 佐竹麻希 他
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】栗林賢司 【音楽】田中敦 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】自主映画製作に励む、どこかおかしな人たちを描いたヒューマン・コメディ。一見、弱者に優しい友愛精神に溢れたかのように見える自主映画の世界も、一皮剥けば弱肉強食を常とする格差社会である。これは、その格差の底辺に生息する者たちの愛と勇気と馬鹿馬鹿しさに満ちた、まったくもって信じがたい物語である。
 上記文章は2009年公開当時の解説だが、前年のリーマンショックや派遣村が時代の表に現れて来た頃に撮影した作品なので、何やら堅苦しい文章になってしまている。実際には滑稽だが愛すべき自主映画製作者たちの奮闘ぶりを描いたヒューマンコメディというような内容。
【上映履歴】
2009/12/12 『LET IT B-SHOT PICTURES』池ノ上シネマボカン
2009/12/26 『LET IT B-SHOT PICTURES』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2010/5/1 『nakano Grindhouse 〜B級映画は永遠なり〜』なかのZERO視聴覚ホール
2018/2/12 『 M’s映画祭 』吉祥寺曼荼羅
クリックすると元のサイズで表示します


039 The Birth Of The Horror
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2007-2009年/miniDV/63分)
【撮影・監督・編集】山岸
【協力】どんぐり眼プロダクション 黒犬獣 B級映画ランダム 電丼 NewCinemaDog
【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】2007年に開催された怪奇劇場Vの参加作品の撮影風景と監督インタビューを収めたドキュメンタリー。自主映画創造の愉悦、苦難、そして秘密に迫る!
【上映履歴】
2009/12/26 『LET IT B-SHOT PICTURES』池ノ上シネマボカン
●YOUTUBE⇒ https://youtu.be/KikbO5Bys-4


040 死体牧場 〜呼び戻された者たち〜
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
(2009年/miniDV/32分)
【出演】藤山昇 佐竹麻希 三宮英子 大浦さやか 藤田祥 小澤紀子 三上正晃 降幡剛志 田附元明 川原勇一
【脚本・撮影・編集・監督】山岸 【協力】即興集団インプロモーティブ 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】雑誌記者の杉本直樹は失踪した友人を捜して山奥の辺ぴな田舎町へやって来た。山道で事故に会い怪我をした彼は、カレンという近くの精神病療養所の女性職員に助けられ、暫くそこに滞在する事になる。カレンや患者たちとの束の間の楽しい日々。しかしそれは長くは続かなかった。暗雲がじわじわと立ち込めるように、やがて直樹はその療養所の院長一之瀬由香里博士の狂気の研究と所内に潜む忌まわしい闇に直面するのだった。
【解説】再びラブクラフトの小説をベースに発想した。『THE OBSESSION』でホラー/怪奇映画に関しては出し切った感がありもはやガス欠状態だったが、開き直って気軽に楽しんで撮ったB級味濃い作品。
【上映履歴】
2009/8/16,8/23 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場X 〜魔女の宴と悪魔の実験室〜』池ノ上シネマボカン
2009/9/13,9/20 『B-SHOT PICTURES'怪奇劇場X 〜魔女の宴と悪魔の実験室〜』BABACHOPシアター
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
2013/1/13 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
2018/3/18  「『判決』上映会」時遊空間


041 林檎酒哀歌2
クリックすると元のサイズで表示します
(2010年/miniDV/38分)
【出演】風間理瑛 清宮雅子 越坂奈月 佐竹麻希 吉川ちくわ 翠 石毛誠 藤山昇 佐藤ザンス 恩田浩 川原勇一 高橋大 栗林賢司 三宮英子 創木希美
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影】高橋大 【音楽】田中敦 【制作】B-SHOT PICTURES
【物語】舞台は前作と同じ繁華街の小さなスナック。一年後の春、店に新人ホステス由美がやって来る。その言動の過激さから嘗てのさゆりを想い起させる由美は、店のママ藤子に自分の年の離れた従兄弟との縁談を画策する。
 一方5年前、新人ホステスさゆりは先輩ホステス陽子に厳しく扱われる辛い日々を送っていた。さらに春美、君恵、幸子らもささやかながら人生の喜び悲しみ不可思議を味わうような経験をする事に。そんな落ち着かない日々に、庄内の実家へ帰っていた涼子が、自分で作った林檎酒を抱えて再び上京して来るのだった。
【上映履歴】
2010/11/6 『林檎酒哀歌 上映会』原宿キネアティック
2011/5/14 『Cinema Bridges Road vol.1 〜ただただ映画と観客との出会いを』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


042 荒野の映画史
クリックすると元のサイズで表示します
(2010年/miniDV/33分) 【撮影・編集】山岸 【制作】B-SHOT PICTURES
【解説】「これは1984年から2010年に亘る、山岸監督作品32作品872分から抜粋した映像による映画史であり、映画詩である。」
【上映履歴】
2010/11/6 『林檎酒哀歌 上映会』原宿キネアティック
●YOUTUBE⇒ https://youtu.be/R8tcJ843AxM


043 脱原発デモ 2011年4月10日(土)高円寺
クリックすると元のサイズで表示します
(2011年/miniDV/10分15秒) 【撮影・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
【解説】2011年4月10日に高円寺で行われた脱原発デモの記録映像。
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/LrvYAykgPgc


044 浮浪 夢の残骸
クリックすると元のサイズで表示します
(2011年/miniDV/29分)
【出演】香取剛 ちひろ 創木希美 栗林賢司 土山壮也 遊月亭水銀 三上正晃 松本航平 沼袋高 土田早苗 半田和英 山岸
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【音楽】田中敦 胡桃沢聡
【助監督】半田和英 栗林賢司 【録音】大原とき緒 【制作】ONEPLUSONE
【物語】ホームレスがハンマーで撲殺される連続殺人事件が都内で発生する。金メッシュのホームレスの通報により、犯人である派遣社員の若い男は逮捕されるが、護送中の事故を利用して逃走、金メッシュの目撃者を捜し出し報復しようと行動する。それを阻止すべく「浮浪」と呼ばれる謎に包まれた探偵が捜査を開始するのだった。
【解説】長いこと社会に背を向けてホラーばかり撮ってきたなぁ、悔い改めてこれからは社会派で行こうと発奮してシナリオを書いていたら東日本大震災が発生、嫌でも社会を意識せざる負えない世の中になってしまった。そして震災から2ヶ月後に撮影。余震や放射能は気になるし呑気に自主映画なんか撮ってる場合じゃないだろと思いつつの撮影。関係者一同よく参加してくれたもんだ。
【上映履歴】
2011/8/20 『殺し屋×強盗×探偵×刑事…最後に笑うのは誰だ!? 真夏の暗黒街特集!』池ノ上シネマボカン
2011/12/17 『always good公開記念 映画監督ときどき俳優 栗林賢司 戦慄きの夜!』池ノ上シネマボカン
2012/2/5 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
2012/3/11 『浮浪・フクシマブルース 上映会』原宿キネアティック
2012/3/18 『ファンキームービー&シネマブルース! 黒い映画特集!』池ノ上シネマボカン
2017/9/3 『BURNING SPIRITS 2017 福井』福井まちなか文化施設響のホール
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


045 浮浪 フクシマブルース
クリックすると元のサイズで表示します
(2012年/miniDV/47分)
【出演】内田周作 杉田愛 八反田恍星 河野知美 上村愛香 栗林賢司 遊月亭水銀 松本航平 土田早苗 沼袋高 半田和英 山岸
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【音楽】田中敦 胡桃沢聡 【制作】ONEPLUSONE
【物語】2011年、東日本大震災の津波で福島県のとある闇金組織が壊滅し、トラック運転手の森田明美は津波と借金から逃れ東京に避難していた。明美を追って闇金取立て屋・工藤が浮浪と呼ばれる探偵・村越とアスカの元を訪れ明美の捜索を依頼した。
 一方、氷室刑事と曙刑事は都内でホームレス相手に暗躍する原発労働斡旋業者・飯塚をマークしていた。浮浪とアスカは明美を救うべく、そして氷室と曙はホームレスたちを守るべく、それぞれ戦いを始めたが……
【解説】震災後の混乱状況で制作。福島出身の女性歌手に出演依頼したのだが、撮影前日に「シナリオの内容がブラック過ぎる」「福島では有名な私がこんな作品に出るわけにはいかない」「親戚にそんな映画に出演するなと言われた」等々のブラックな理由でドタキャンされた。この作品での震災に関する認識は今でも間違っていないと思う。次第に盛んになって来た脱原発デモを場面背景にした撮影で、デモ警護中の刑事さんに睨まれたり。
【上映履歴】
2012/3/11 『浮浪・フクシマブルース 上映会』原宿キネアティック
2012/3/18 『ファンキームービー&シネマブルース! 黒い映画特集!』池ノ上シネマボカン 


046 十五夜
クリックすると元のサイズで表示します
(2012年/miniDV/25分)
【出演】東條未知子 森塔湖都音 遊月亭水銀 沼袋高 長瀬祐 伊藤尚勇 相岡ちひろ 浦謙一 胡桃沢聡 田中敦
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
【お話】ある女優が撮影現場に向かう道中、ヘンな人たちと出会い奇妙な体験をする不条理ファンキーコメディ。彼女は撮影現場にたどり着けるのか!? スワンプ・コメディ第1弾!
【上映履歴】
2012/12/8 『「十五夜」「地の塩」お披露目上映会』池ノ上シネマボカン
2013/3/10 『調布映画祭2013 第16回ショートフィルム・コンペティション』調布市文化会館 たづくり映像シアター
クリックすると元のサイズで表示します
2013/7/24 『旅する自主映画』池ノ上シネマボカン
2013/12/1 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
クリックすると元のサイズで表示します
2015/2/1 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
2015/6/6,6/7 『第55回海王祭』"「みんなのロードショー」おかわり!"東京海洋大学
2018/3/18  「『判決』上映会」時遊空間


047 地の塩
クリックすると元のサイズで表示します
(2012年/miniDV/25分)
【出演】一三 柴崎泰成 近藤博紀 宮本美生 沢原ありす 岡一徹
【脚本・監督・編集】山岸 【撮影・録音】徳盛大和 【音楽】yuta tanaka 【制作】ONEPLUSONE
【お話】刑務所から出所したてのヤクザ工藤は、服役中同房の銀行強盗から聞き出した強奪金3000万円の隠し場所である河岸へと子分2人と彼らのガールフレンドを連れて向かった。強奪金を組の再建資金とすべく、テキト-に描かれた地図を頼りに穴を掘り始める工藤たち。3000万円は本当にここに埋まっているのか? 哀愁漂いユーモア溢れる人間喜劇♪ スワンプ・コメディ第2弾!
【上映履歴】
2012/12/8 『「十五夜」「地の塩」お披露目上映会』池ノ上シネマボカン
2013/11/30 『neofest 2013 秋』お茶の水スペースneo
2015/3/1 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
2015/12/6 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します


048 家出娘と修道女
クリックすると元のサイズで表示します
(2013年/miniDV/25分)
【出演】創木希美 相岡ちひろ 八反田恍星 松本航平 遊月亭水銀 宮本美生 宮本芳恵 栗林賢司
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【音楽】幻知 【制作】ONEPLUSONE
【お話】修道女・花子は、癌のため余命短い昔の恩人の頼みで、家出した娘・翔子を捜して連れ戻す約束をしていた。花子は都会の風俗店で働く翔子を見つけ山間の辺ぴな駅に連れて来る。しかし何かの手違いか使いの者は現れず、仕方なく2人で翔子の父の家を探し歩く事に。
 わがままで自由奔放な家出娘と古風な堅物でどこか能天気な修道女。反りの合わない2人の女の魂の交流を描いた聖と俗のスワンプ・ロードムービー! スワンプ・コメディ第3弾!
【上映履歴】
2013/7/24 『旅する自主映画』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2013/8/24 『シネマ・カーニバル』池ノ上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2014/9/7 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
2016/10/8 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
クリックすると元のサイズで表示します


049 消え行く映画館 鎮魂 〜或いは最後の8ミリ映画撮影〜
クリックすると元のサイズで表示します
(2013年/8ミリフイルム⦅一部miniDV撮影⦆⇒miniDVテレシネ/10分)
【撮影・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
【解説】2008年の世界的金融危機以後、2013年6月現在までに経営難、老朽化、デジタル設備の資金難等様々な理由で閉館した都内の映画館跡地を訪れてみた。撮影は2013年。2014年も多くの映画館が閉館することになったが続編を撮るべきか?
【上映履歴】
2013/7/24 『旅する自主映画』池ノ上シネマボカン
2016/5/1 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT 
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/vYQ2e-dYWnE


050 しらべ屋 お披露目ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
(2013年/miniDV/34分15秒)
【撮影・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
【解説】2013年12月7日”EGO TRIP MANIA at 六本木バウハウス"でのしらべ屋(相岡ちひろ‘Vo’ 榎並夕起‘Vo’ 長原英太郎‘Gt’)のお披露目ライブの模様。歌って踊ってスキップしてラララ〜♪
●YOUTUBE⇒ http://youtu.be/nMB0Lr6tKoY


051 夜光運河
クリックすると元のサイズで表示します
(2014年/miniDV/白黒サイレント/12分)
【出演】 相岡ちひろ 秋月幸太郎 岩切洋輔 佐藤ザンス 山岸
【監督】山岸 【音楽】長原英太郎 【制作】ONEPLUSONE
【お話】スケッチブック抱えて運河の街を散策する彼女の一日。
【解説】サイレント映画への熱が高じて撮った作品。音楽が乗り易いようにと字幕も一切無く、それでも話が通じるシンプルな内容にした。ライブ伴奏付上映がお薦め。
【上映履歴】
2014/7/12 『LoveYouLiveCinema!』(長原英太郎ギター伴奏付上映)池の上シネマボカン
クリックすると元のサイズで表示します
2014/12/7 『江東シネマフェスティバル みんなのロードショー』古石場文化センター
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2015/6/6,6/7 『第55回海王祭』"「みんなのロードショー」おかわり!"東京海洋大学
2015/6/7 『融解座』(高田彰ギター伴奏付上映)江古田Cafe FLYING TEAPOT
2017/5/14 『ハイロ上映会』アピア40
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
●YOUTUBE↓ 
ギター伴奏:長原英太郎 https://youtu.be/FdVN8aUjsFg
ギター伴奏:高田彰 https://youtu.be/eva_GVnFCvs


052 記憶喪失惑星エデン
クリックすると元のサイズで表示します
(2014年/miniDV/43分)
【出演】 八反田恍星 朝比奈葉子 松本航平 椎名よしえ 沼袋高 Mio 秋月幸太郎 田口綾 マイケル・リュー 佐藤ザンス
【脚本・監督・撮影・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
【物語】2374年。GBI(銀河系捜査局)公安課捜査員Dは、新たな任務の為アンドロメダ辺境の惑星エデンに派遣された。任務の内容は、エデンに逃亡したテロ組織『赤い流星』の一員リリスを捕らえる事。
 しかしエデンは、脳の記憶形成の中枢である海馬(かいば)を侵し記憶を奪ってしまう性質を持つ超高密度の磁場に包まれ、30年も住めば親兄弟の顔も判らなくなってしまう“記憶喪失惑星”と呼ばれる厄介な星だった。政治、経済、治安維持、医療……その他諸々面倒な事は全てコンピューター任せの超管理惑星なのだ。
 Dは、この不可思議で異様な惑星で、自分の過去の重罪を忘れている可能性のあるテロリスト・リリスを逮捕すべく、また新たに発生した猟奇殺人事件を解決すべく、エデン警察のロボット刑事と協力し危険で困難な任務に挑むのだった。
【上映履歴】
2014/7/12 『LoveYouLiveCinema!』池ノ上シネマボカン
2015/5/3 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT



053 浮浪する映画史
(2016年/8mmフイルム&miniDV&4K/7分30秒) 【構成・編集】山岸 【制作】ONEPLUSONE
クリックすると元のサイズで表示します
【上映履歴】
2016/3/6 『融解座』江古田Cafe FLYING TEAPOT
●YOUTUBE⇒ https://youtu.be/wynGS7hqYBs



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ