突然ストーマ(人工肛門)を造設することになったみっこが、 退院後の生活で気づいたことをいろいろアップしていきます。

 

コロプラストの福袋  

これは2015年のお話です。
コロプラストの福袋に当選しました。
内容は大変豪華です。
この時いただいた品物は今もありがたく使用しています。
コロプラストさん、その節はほんとうにありがとうございました♪

クリックすると元のサイズで表示します
1

 

大田区役所のオストメイトトイレ  

交換はシャワーの時にするし、通常の処理は普通のトイレでできるので、オストメイトトイレを使うことはめったにありませんが、
公共の施設や大きい施設はオストメイトトイレの用意があるのでつい覗いてしまいます。

こちらは大田区役所のバリアフリートイレ。
外で緊急に交換となった時はベッドがあると助かります。

でもベッドを倒すとオストメイトトイレが使いづらい。。。

クリックすると元のサイズで表示します

0

 

オストメイトトイレ  

オストメイトトイレを見るとつい覗いてしまいます。
これは某オフィスビルのバリアフリートイレです。

クリックすると元のサイズで表示します

コンパクトなデザインのオストメイトトイレは、コンパクトながら水流がしっかり強いです。
(私の知っているオストメイトトイレは水流が弱い・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

0

 

2ピースお試し中  

ストーマ外来11回目」の続きです。
ストーマ外来で貰った粘着式(シール式)のサンプルを早速試してみました。
ほかにも機械式(ロック式)についてもサンプルを取り寄せてみました。
パウチはコロプラストのセンシュラミオ2を使用しました。

粘着式(シール式)のパウチ。面板の青い線がバッグを貼る時の目安です。

クリックすると元のサイズで表示します

機械式(ロック式)のパウチ。

クリックすると元のサイズで表示します

2ピースを使って良かった点・良くなかった点を箇条書きで挙げます。

良かった点
・同シリーズの1ピースにくらべて面板が大きいので、面板が長持ちする(安心感が違う)
・バッグのみの交換ができる
・(機械式のみ)面板とバッグの接合部品が全く邪魔に感じなかった
・(粘着式のみ)バッグを貼るための薄いプレートがパウチカバーをかけるのに便利

良くなかった点
・1ピースにくらべてコストが高い(1式の参考価格(2016年6月時) コロプラスト センシュラミオの場合 2ピース(面板+バッグ) 粘着式:920円 機械式:1,120円 1ピース 610円)
・同シリーズの1ピースにくらべて面板が大きいので、剥離時の皮膚ストレスが大きい
・1ピースにくらべて臭いを感じやすかった(消臭カバー・消臭腹巻をすれば問題ないレベル)
・(粘着式のみ)目安通りに貼りにくかった(←私が不器用なだけ(笑))

2ピースを使うにあたって、バッグだけの交換ができるのではと期待していましたが、
実際使ってみるとバッグだけの交換は私には難しいように感じました。
粘着式はまず無理です。
機械式ならできないこともなさそうですが、中身の粘着性の高いことの多い私にとって、交換の際に思わぬところを汚して臭いの原因になっても困ると思い、バッグ交換は考えないことにしました。
バッグだけの交換が出来る人は、旅行や温泉に入る時に小さいクローズバッグに変えるとシールで覆いやすいと思います。

試用の結論としては、
2ピースに全面的に切り替えるということはないですが、平日は1ピース・週末や連休に2ピースのように使い分けたらいいと思いました。
災害などの非常時に使い慣れたパウチを使えるとは限りませんから、種類の違うパウチを普段から使っておくのにいいかもしれません。

以上は特定のメーカーの特定のシリーズにおける私の感想です。
ブランドあるいはメーカーが違えば、感想はまた違ってくると思います。

 
2

 

熊本地震  

久しぶりの投稿です。

このブログでは、あまり年代や時期を感じさせないようこころがけておりましたが、2016年4月の熊本地震には今も続く厳しい余震に心痛めております。
避難者の人数を報道で伺うたびに、この中にオストメイトが何%いるだろうかと案じています。
私は何のネットワークもコネクションもありませんが、オストメイトが許容できるのはほんの数日です、ストーマのケアができないと深刻な事態になります。
どうか一人でも多く、ストーマケアに不安を覚えませんように。。。
病院・メーカー・オストメイト協会などの働きで緊急支援が届きますように。。。
願ってやみません。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ