2018/6/7

内に向かう  どうでもいいこと

PSB=神の認定後、全曲レビューをはじめ、インタビュー翻訳など、数百ページのHPを書き、それでも足りないので、今度は偶像崇拝です。



偶像崇拝は、私にとってのそれは、人形を作ることです。

粘土を触るのって、リハビリになります。作り倒しましたね、大小いろいろ。

たぶん、すべてが内に向くタイプなのですね。もう、自分で自分を追い込んで苛めて、攻撃しているような感じもありますが、粘土は癒しでもあります。

映画やドラマ、小説、アニメなど、作品を見て、ファンは2次創作をすると思いますが、絵の場合は短時間でかけても、人形はちょっと時間かかります。でも、私は絵が描けない。人形しか作れないので、表現方法がこれなんですよ。もう、やり尽くさないと我慢できず。

ようやく納得のいくものが出来て、撮影して回りました。何をやっているんですかねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します

地元の海です。夏の終わりで、「Always」聴いていたかなぁ。

そしてこの人形の写真をファンクラブに手紙と一緒に送ってしばらく後、マネージャー(デイブ・ドレル)のアシスタントからメールがあり、「欲しがっています」と。

ええ、まじ?架空の人たちが架空じゃなかった。

今どうなっているのかは不明だけど、この人形たちは今、彼らのもとにあります。あるばず。あってくれ。

その後、NYCのライブのミート&グリートで、もっと小さいフィギュア・バージョンを直接渡すことが出来、すぐに楽屋でクリスが写真を撮ってくれてTwitterにアップ。その後その写真が彼らのTwitterのアイコンになっていました(現在は彼ら自身のTwitterはなく、いまあるものはスタッフがやっていると思います)。

詳細はツアー記「ニューヨーク・ライブ/M&G・ツアー」に書いてあります。

自分の爆裂愛情がつまった、最も私そのものである人形を渡し、妄想がほんの一瞬現実になり、PSBにできることはやり遂げました。これから先は、普通の状態のファンに戻ります。PSB=神のままですけど。フィジカルやライブで貢ぎ続けます。PSBによるリハビリは完遂しました。

その後、人形リハビリはたびたび起こります。

また続く(かも)

9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ