2017/12/5

悼む猫  

ショコラのために多くのメッセージやお花をいただき、ありがとうございます。

昨日、焼津のアトリエで葬儀・告別式を行い、今日、遺骨・位牌とともに浜松に戻りました(焼津のアトリエで葬儀を行ったのは、火葬の都合ですが、ショコラが7歳まで暮らした馴染みのある場所でもあります)。

浜松に戻り、仕事場にお花と遺骨・位牌を仮置きしていたら、こたまが来ました。

クリックすると元のサイズで表示します

こたまは、ショコラの死の際の数十分間、ずっとそばに付き添っていました。息を引き取ってからも、傍にいました。ショコラの闘病をずっと見て来た一人です。ショコラ中心の生活に我慢もいっぱいしたし、お留守番もしてくれていました。

こたまがショコラの死を悼んでいます。

悲痛な鳴き声に、また涙しています。



その後、ショコラが息を引き取った酸素室のあった場所(もう返却してしまったので、酸素室はないのですが)、冷たい新聞紙の上に座り続けています。

クリックすると元のサイズで表示します

こたまをショコラの葬儀に列席させなかったのを申し訳ないと思っています。ごめんねこたま、これからはこれまで以上に、思いっきりこたまを可愛がるからね。
6



2017/12/8  12:05

投稿者:margaret

ひめ様、お世話になります。改めて、ブログでのショコラ追悼ありがとうございました。

こたまは本当に優しい子です。ショコラの死の際はずっと横でつきそっていました。これまで何度か愛猫を看取りましたが、こんな猫は初めてです。こたまの方が私より悲しんでいるかもしれません。

現在私は、ショコラが亡くなった悲しみよりも、ショコラが病気と闘い生き抜いたこと、それに答えた神様が、それほど長い時間苦しまずに逝けたことにへの、感謝と安堵の気持ちが強いです。

もうすぐ、とてつもない悲しみがやってきそうなのはわかっています。

家の中、あちこちでショコラが居そうな気がします。

こたまには絶対に寂しい思いをさせないようにします。

2017/12/7  13:51

投稿者:ひめ

読んで鳴き声を聞いて・・・
涙が止まらなくなっています。

こたまちゃんは、ちゃんとショコラくんに恩返しが出来たんですね。
優しい子から沢山愛されて、色んな事を教えて貰ったんだろうなって感じます。

こんな時、こたまちゃんの体調にも変化があらわれるかもしれません。
マーガレットさんのお心も大変な時ですが
こたまちゃんと共に乗り越えていって欲しいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ