2017/11/28

遠州紬  ドール/仕事

先日作った、小野但馬人形の袴が気に入らず、作り直しました。

絹はどうしてもてろんとしてしまい、悩んだ末に遠州紬(綿)を使うことに。

本当は、家老は絹しか身につけないだろうと思うのですが、遠州紬は厚みもちょうどよく、縫いやすいし、ピシッとなります。何より大河ドラマ「おんな城主直虎」の中で、井伊谷で綿を栽培するシーンも描かれていたので、あれが遠州紬の由来そのものズバリとも言えます。

クリックすると元のサイズで表示します

細かめのモノトーンの縞を選びましたが、どちらかと言えば鮮やかなカラーが多いです。浜北区のぬくもり工房で購入しました。

なんとなくPSBのサムライ・イン・オータムっぽいです。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ