2011/11/30

小梅、会いたいよ  日々のこと

小梅がお月様に帰ってからもうすぐ5ヶ月。


毎日は何事もなく過ぎていくのに、
側に小梅がいないことにまだ慣れません。
それどころか、毎日毎日
「もっとああしてあげればよかった」という思いだけが強くなり、
気を緩めると仕事中や電車の中でも泣いてしまいそうになります。

今でも小梅が生き返る夢をしょっちゅう見ます。


部屋で何かを落として大きな音を立ててしまった時、
反射的に「ごめん、小梅!」と思ってしまいます。
そのすぐ後に「そっか、もういないんだっけ…」と思って沈んでしまいます。


小梅がいなくなってから、テレビの動物番組を見られなくなりました。


スーパーに行った時はほとんど毎回、小梅のためにりんごを買っていました。
いまだにスーパーでりんごを見ると買わなきゃ、と一瞬思ってしまいます。
小梅がいなくなってから、一度も買ってません。


私はいい飼い主じゃなかったよね。寂しい思いばっかりさせてたね。
こういう後悔をしないように、一生懸命育ててきたつもりでしたが、
それでもやっぱり押し寄せてくるのは後悔ばかりです。

亡くなった直後は、小梅がいなくなってしまったこと
そのもののショックがとても大きくて、
冷静に考えることが出来なかった。
けど、数ヶ月経って改めて思うことは、
自分が小梅のためにしてきたことよりも、
してあげられなかったことばかりが頭に浮かんで、
やるせない気持ちになります。


いくら後悔しても仕方のないことだとわかってます。

私の周りの友達や家族は私がもう完全に立ち直ってると思っていると思います。
だからこそ、こんな話はここでしか出来ないのです。

誰も読んでないと思うけど、
それでもこの気持ちを言葉にしなくてはいられなかった。


いまだに、小梅がひょっこり帰ってくるような気がしてしまうのです。
それは私の願望に他ならないけど、
小梅の思い出は今でもとても鮮やかに甦り、色あせることがありません。


小梅、おかあさんは小梅に会いたくて仕方ないよ。
12



2011/12/25  15:18

投稿者:cube

→りんこさん
コメントありがとうございます。
4年経っても辛い気持ちには変わりないんですね…。
きっと私もこの気持ちとは一生向き合っていくことになると思います。

そうですよね、どんなに尽くしても絶対後悔はするんですよね。。
悲しんでいる飼い主がいると成仏出来ない、という文章を見て、私がいつまでも引きずっていることは小梅のためにも良くないんだ、と思いました。
時間はまだまだ必要だと思いますが、少しずつ前を向いて生きて行こうと思います。
小梅を忘れることは一生ないけれど、悲しいことだけを思い出すより、小梅と過ごした楽しい日々を思い出す方が小梅にとっても嬉しいですもんね。
がんばります!
ありがとうございました。

2011/12/25  15:11

投稿者:cube

→おねえちゃん
ありがとう^^
まさかまだ見てくれてると思わなかったからつい弱気なことを書いてしまいました。
でもあの時はほんとに家族のみんなに助けられたよ。
ありがとね。
まだ立ち直れてはいないけど、ちゃんと元気になるから大丈夫!

2011/12/25  15:08

投稿者:cube

→snowさん
ありがとうございます。
またこちらを覗いてくれていたことにびっくり&嬉しいです^^

あの時の私は自分に出来ることを精一杯していたつもりでしたが、
今思うと「もっと出来たでしょ!」とあの時に戻って叱りつけたい気持ちでいっぱいです。
小梅はうさぎの平均寿命を何年も超えて私のそばにいてくれました。
それだけで本当にありがとうなんですが、もっと一緒にいたかったです。。
それが人間のエゴなのもわかってるんですが…
アニマルコミュニケーションのお話、すごく染みました。
小梅もそう思ってくれているといいな、と思わずにいられません。

後悔は尽きませんが、私がいつまでも前を向けないでいるのはきっと小梅にとっても嬉しくないことですよね。
きちんと自分の気持ちに向き合って、少しずつでも前に進もうと思います。

いつかまた、ここで小梅の思い出話が出来るようになれたらいいな、と思います。
その時はまた覗きに来てやってください♪

2011/12/25  15:06

投稿者:cube

→梅蔵母さん
こちらこそご無沙汰しています。
今でもブログ、ちょこちょこ覗きに行かせていただいてます^^

コメントありがとうございました。
梅蔵母さんも辛い別れを経験されていたんですね。
2年以上もブリを買うことが出来なかったというのを見て、私だけじゃないんだ…と思いました。
思い入れのある食材はどうしても辛い思い出が一緒によみがえってきてしまいますもんね。。
梅蔵母さんの言葉がとってもとっても染みました。
きっと私も、この痛みと一生付き合っていくことになると思います。

小梅がいないことは今でも寂しくて仕方がないです。。。
10年も一緒にいたので、予想はしてましたがそれ以上でした。
でも小梅のことはこれからもずっと忘れずに、きっと側で見守ってくれているんだと思って、少しずつでも前を向いていこうと思います。
ありがとうございました!
またブログ、遊びに行かせていただきますね!

2011/12/25  15:00

投稿者:cube

→めけさん
コメントありがとうございます。
またこちらを覗いてくれていたことにびっくり&嬉しいです^^

ふーくんは3代目なのですね。
生きていたら6歳、ということはかなり早くに旅立ってしまったんですね。。。
早くに亡くなってしまうというのは、それだけで飼い主の心を締め付けます。
一緒に過ごした思い出が少ないのに、後悔だけが増えていきますよね。
私も一番最初に飼ったうさぎは三日で亡くなってしまいました。
めけさんの気持ち、すごくわかります。
きっと私も、もしまた別のうさぎをお迎えしたら、小梅と絶対比べてしまうと思います。
でもブログを見ているとめけさんはふーくんをちゃんと可愛がっていますよ。
ふーくんもめけさん家の子になれて良かったと思っていると思います。
これからもブログ楽しみにしていますね。

2011/12/24  16:15

投稿者:りんこ

私も4年経っても先代うさのこと考えます。
救ってあげられなくてごめんねって。病院の選択ミスだったのだとか。
自分も死んだら逢えるのかなとさえ考えていました。
今でも思い出すと涙が出ます。
ごめんね。ごめんね。って何度も言ってます。

ブログの中の小梅ちゃんはいつでも可愛らしくて、それはやっぱり、cubeさんの目にうつる小梅ちゃんへの愛情で、小梅ちゃんが見つめるcubeさんへの愛情がいっぱいだったからだと思います。
でもどんなに精一杯尽くしても、絶対後悔ってするんですよね。

あるひとに、動物は悲しんでる飼い主がいると成仏できないって聞きました。そのうち、成仏できない苦しみから飼い主を恨むようになるのだと。。。

これだけは絶対言えます。小梅ちゃんはcubeさんを悲しませる為に生まれてきたんじゃないよ。小梅ちゃんはcubeさんと出会えて幸せだったはず。

今は無理でもゆっくりとcubeさんの悲しみが癒えますように。。。



2011/12/11  11:23

投稿者:あね

家族のまえで元気な振りはするな!家族だからこそ泣いたり愚痴ったりしてもいいんだよ!

2011/12/6  18:12

投稿者:snow

cubeさんの胸のうちを、
こうして書いてくださってありがとうございます。
小梅ちゃんがいなくなって、寂しさは募るばかりなのですね。
私もきっと同じような気持ちになるんだろうなと思います。
出来るだけのことをしてあげたつもりでも
もっともっと一緒にいたかったのですもの、
後悔が残ってしまうのものですよね。
先日「アニマルコミュニケーション」について書かれた本を読んだのですが、
亡くなった動物たちはみな、飼い主に対して大きな感謝と愛を
持って見守ってくれていて
「どうか悲しまないで」といってくれているそうです。
それを読んでとっても救われた気持ちになりました。

ここはcubeさんと小梅ちゃんの居場所ですから
無理に元気なふりをしなくても大丈夫ですよ^v^
cubeさんの気が向いたときに、
こちらで小梅ちゃんの思い出話を聞かせてくれませんか?
そしていつかいつか、cubeさんが笑顔で
小梅ちゃんのことを話せる日がくることを願っています。



http://chocosnow.exblog.jp

2011/12/2  20:23

投稿者:梅蔵母

ご無沙汰しています。
少し遅れてから小梅ちゃんの訃報を知り、
なんとお声をおかけしてよいか分からずにコメントできずにいました。

はたから見ていてcubeさんは精一杯のことをしてあげていたと思います。
小梅ちゃんもきっと分かっていたにちがいないです。
記事を読んでいてすごくそう感じます。

でもご自分の中で納得いかないのも分かるのです。
先代猫を見送ったときがそうでした。私自身、彼の死に対して
ものすごく申し訳なかったという思いがあり、3年以上経った今でも
思い出すと泣けてきます。私も先代猫が具合が悪くなってから、
これだけは口にしてくれていたブリを2年以上は買うことができませんでした。
いまだにスッキリしない気持ちを抱きながらも3年経ってようやく思い始めたのが
この痛みはもう私が一生抱えていくしかないのだということ。
その上でいまある命たちに向き合おうと。
いつか彼と虹の橋で会ったときに「あれからがんばってきたよ」って言えるように、
私のできることをしていこうと思っています。

cubeさんはきっと小梅ちゃんの不在が無条件にさみしいのですね…。
でも小梅ちゃんはそばに寄り添っていると思いますよ。
気配を感じるときはきっといるんじゃないかな。
元気を出して、と軽々しくは言えませんが、小梅ちゃんも心配しちゃう
と思うのでちょびっとずつでも前を向くことができますように。


最後に。とっても遅くなりましたが、言いそびれていましたので…

小梅ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。
小梅ちゃん、そっちでゆっくりしたらまたおかあさんのところに
戻ってきてあげてね。

2011/11/30  22:56

投稿者:めけ

我輩も、いまだに…初代・2代目のうさぎの事を考えます。
特に2代目は、割と若くしてお月さまに旅立ったので…。
非常に悔しい思いをしています。
何故、気が付いてあげられなかったのか…。
早くに病院へ行ってれば、もっと長生きできたのでは…。

こんな事、考えるのはどうかと思いますが…。
あの子が生きていたら今6歳。
生きていたら、今飼ってる子(3代目)は絶対お迎えしていなかったとか…。
何かにつけて、歴代うさと今うさを比べてしまいます。
今うさにとっては、いい迷惑です。

寂しいので、身代りにしてしまってるのかもしれません。
我輩こそ、いい飼い主とは言えないです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ