秘すれば花

「秘すれば花、秘せねば花なるべからず」
能の大成者である世阿弥の「風姿花伝」にある言葉です。
これだけ含蓄がある表現はほかにないでしょう。
ここから程遠い私ですが、世阿弥や立原正秋にならって生涯「花」を求め続けてみたいと願っています。

 

カレンダー

2017年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

過去ログ

掲示板

お知らせ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ベニマシコ
☆あずささん

優しい感じの桜ですね。
ゲルソン療法をきちんと実行した人は、ガンが消えているという事実。
ゲルソン博士は、アフリカで活躍したシュバイツアーの親友で、あのシュバイツアーが「天才の医者」と言わしめた方です。
ゲルソン療法は、人参ジュースの他に味噌、醤油、塩、砂糖、刺激物は、一切使ってはならないという厳しい食事制限が付きます。
肉、魚、卵、牛乳等のみゅう製品も食べられません。
カフェインも禁止です。
だから、大豆とかナッツ製品でタンパク質を摂るより他ありません。
味付けは、生姜、ニンニク等で工夫しなければなりません。
野菜も過日も有機栽培でなければなりませんのでお金がかかります。
他に大量のサプリメントも摂りました。鳥越俊太郎も大量に摂っていると言っているので。
ガンは、42度の熱で死ぬと言われています。
体温を36度7分以上に常に保つように心がければ癌は育たないと言われていますので、体温管理に努めています。
夏の冷房で油断してしまったことを反省しています。
最近、私の周りの人たちは、癌でもないですが
ニンジンジュースを作って飲む人たちが増えています。
人参400グラム、リンゴ1/4個、レモン1/2個を低速ジューサーで絞ったものを飲むのです。
水を入れるジューサーでは、繊維も酵素も破壊してしまうので、必ず低速ジューサーで作るように言われましたので購入して、頑張っています。
星野先生も再発から20年経った今もゲルソン療法を続けていて、とても健康になったと言っているので、私も頑張って続けようと思っています。
人参には、癌の芽を摘み取る性格があるようようです。
このジュースは、癌ばかりでなく他の病気も治してしまう働きがあるようですよ。
朝は、このジュースだけで良いと言われています。
食事は、少食が健康の許のようです。
時には、断食するのもいいようです。

病気になって食事についても学びました。

油は、亜麻仁油を使っています。
これは、サラダやジュースに入れて摂っています。
この油は、炒めると毒になるというので注意しなければいけません。

応援していただき有難う♪
投稿者:あずさ
10月桜、綺麗ですね〜
奇跡って、起こるんですね!
でも、それも療法によるものだったのね。
ゲルソン療法、温熱療法と食事なんですね。
本当に嬉しいです。

ベニマシコさんのブログを見て、希望を持つ方が沢山いらっしゃると良いですね。

野菜は好きなので、いつも多く摂るようにしています。果物ジュースも良いのですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ