2012/11/2

ご無沙汰です  自武創会活動

なんと4か月ぶりの更新です。

仕事が忙しくなかなか各時間がないこと、ブログ以外のコンテンツ(FaceBookやTwitter等)が手軽になったことも併せて、なかなか更新できない状況となっています。2005年からまる7年書いてきたブログなので、簡単にや〜めたというわけにもいかないのですが、記述内容に目新しさもないのもまた事実です。SNSの反応の速さに身を置いていると、やはりブログという形式を一般人が続けるのもどうかと思う次第です。もう少し思案いたします。

稽古は細々ですが、行っております。合気道というのは誠に奥深き武道にて、やってもやっても次から次へと探究心が出てきます。指導してくださる方々に助言いただくほど、技のせいf度が上がっていくうちはなかなかやめられそうにありません。これも指導者に恵まれているということなのだと思います。

個人的なお知り合いはFaceBookで、知らない方はツイッターでとなっていきそうですので、そのどちらかをご覧になる方がいたら、こちらのアカウントをお教えしますのでメッセージなど頂ければ幸いです。

ではでは。
0

2012/7/8

合気道・稽古441 本部師範特別稽古  合気道

「二段なんだからさ〜。。。」


審査後はそう言われ続け、何かと不利益なシーンに立たされている自武創初号機です。激しい見本技の受けや指導回数の増加など困ったものです。しかし二段になっていいことも!先生方の私個人に関する指導レベルがアップしたので、どんどん身体の使い方がよくなり技自体の破壊力も上がっている気がします。

そんな状況でわたし自武創初号機の合気道レベルをもっとも上げてくれるのが、月に一回の本部師範特別稽古です。本来なら本部まで行って大勢ごった煮の中でやらなければならない稽古が、自分の道場でしかも限定された人数で受けれます。最低一回は受けにも使っていただけるのです。

昨日もそんな本部師範特別稽古がありました。3回目にして初めての横面打ちからの各種技の稽古でした。横面の打ち込み方法から教えていただきます。今まで自分が考えていたものより少し直線的でしょうか。何よりも攻撃し続けて捌かれた後でも相手との接点を切らないことがポイントだそうです。

私が直接チェックいただいたのは四方投げと座技呼吸法。四方投げは「捌きも投げまでに入る態勢もいいよ!ただなぁー、投げる時があまい。優しすぎるんだよ。」と言っていただき、目の前で四方投げのフィニッシュの見本を見せていただきました。「接する密度は最後まで同じでな!」との追加アドバイスも。

座技呼吸法では「手だけで上げちゃいかん、手だけじゃ。身体全体を使ってあげてごらん。」とのアドバイスを頂きます。アドバイスいただいたことを意識してやってみるとあら不思議。投げた後の相手への密着までが一動作でスパッと納まります。受け側としての握りまで教えていただきました。

目からうろこ光線が出まくった、あっという間の90分、至福の時でした。
3

2012/7/4

合気道・稽古437〜440 木刀メニュー追加  合気道

紫陽花がきれいな季節ですね。

紫陽花が散れば地獄の季節がやってきます。まあしかし稽古も休めませんので、淡々と合気道の道場へ通っています。結構蒸し暑かったり、見本技で乱捕りのように投げられ(二段への洗礼?)たりしてますが、体調が悪くなるような嫌な感じはしません。このまま一気に夏を乗り切ってしまいたいですね。

6/24 一般稽古
6/30 一般稽古
7/01 一般稽古
7/03 一般稽古

二段合格後は毎朝、2.5kgの木刀を振り込んでいます。まだ数的には全然大したことがないのですが、二週間続いてます。最初は重くて構えすらできなかったのが、今ではだいぶ慣れてきました。上げるのも下げるのも背筋+呼吸を意識して。

木刀素振り開始後、整体の先生に「左右の発達が不均衡です。」と言われました。そこでそれを防ぐため左前でも素振りを始めました。右前60回に対して左前30回程度です。二の腕にも効きます。とにかく重い。

合気道にどう成果が表れるか楽しみです。
0

2012/6/24

護身術・稽古087 さらばMS氏(また)  護身術

半年ぶりに護身武道塾の稽古に参加してきました。

フルコンタクト空手時代から敬愛して止まない?MS氏が福岡に転勤されるとのことで、その送別会への参加を兼ねて稽古にも参加しました。道場に着くといつもの面々が勢ぞろいしてました。子供たちもみんな大きくなっており、少しびっくりしました。

護身武道塾の稽古体系も少し変わってましたが、シャドー、2人一組の目慣らし、ロープダッキング、受け身と続きます。一番答えたのが寝た状態から腹筋力だけで移動する通称・腹ジャンプ。この道場往復が一番ばてました。

スパーリングは児玉師範とライトで1本、NYさんと1本です。パンチは見えますが当てるのがなかなかきついですね。距離感も微妙にずれてたみたいです。NYさんのパンチにカウンターを合わせようとするのですが、NYさもパンチを出しながらヘッドスリップさせているので当たりません。

最後はナイフ対応多人数対応をやりました。この辺はここ数か月合気道でやりまくっていましたので、戸惑いはなかったです。これだけ刃物での殺傷事件が起きているのですから、こうした練習をもっとやったほうがいいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
二人掛けは必ず相手との間に敵を入れる。

稽古終了後は飲み会。駅前のいつもの居酒屋で「肝稽古」です。以前、MS氏が大阪に転勤された時は、涙・涙の送別会でしたが、今回は単身赴任で1ヶ月に1回くらいは稽古に来られるそうなので終始にこやかな送別会でした。MS氏が九州に行って、どんな武道と巡り合うか、今後が楽しみです。
0

2012/6/18

合気道・稽古430〜436 まとめ  合気道

梅雨に入りました。

審査も終わって一段落なので少しゆっくりしたいところですが、稽古が面白くて休めません。審査後2日目には一般稽古に参加しました。審査後の稽古って、各先生方が審査を見て足りなかったかなというメニューをやるようで、逆に審査を受けた側としてはスポンジに水が染み込むがごとく?吸収出来て楽しいです。

6/02 審査稽古(TN先生)
6/03 審査会
6/05 一般稽古(T塾長)
6/09 一般稽古(TN先生)
6/10 一般稽古(T塾長)
6/16 一般稽古(TN先生)
6/17 本部師範特別稽古(本部道場K師範)

TN先生は後ろ両手や両手取りを特集にしてやってくれました。もっと難しい取り手でも自由技でこういうのもやったら的な稽古です。T塾長はねば〜とした練りの稽古。新川塾の合気道を根幹から変えるような作業に見えます。

そして本部道場K師範の稽古。ただでさえシンプルな合気道、その基本をさらにプリミティンブに追及し、結果ものすごい迫力の技が生み出されたのでは?と思える合気道です。これもすごい、真似しようにも真似できないですが、少しでもいいのでついていければと思う次第です!
1

2012/6/8

審査詳細  合気道

本部道場師範に見ていただける。

道場生はもちろん、先生方まで緊張していました。自分はむしろ「本部の師範に見ていただけるなんて最高だ!」という思考が先行していました。あまり緊張しないタイプですが、一教と言われているのに二教の固めをしてみたり、小手返しと言われているのに四方投げするなど、まあそれなりに緊張はしていたみたいです。

審査前は小難しい技を結構教わりましたが、そういったものは一切出ず気持ちよく次から次へと審査技をこなしていきました。発表会みたいでとても楽しかったです。反省点といえば正面打ちからの回転投げ外をできなかったこと。なぜか回転投げ内ばかりやってしまい残念でした。

自由技は片手取り、正面打ち、横面打ち、諸手取り、後ろ両手取りを各々6〜8つずつやりました。短刀取りは突き2本、横面2本、後ろ1本とまんべんなくやる構成。本部のK師範も審査するというよりは「こいつ、どの程度出来るんだろう?」的な出題傾向であった気がします。審査中のお顔を写真で見ると、結構笑いを浮かべながら出題してくれています。

二段合格から三段審査まで最低3年間、どういう稽古をして合気道とどう対峙するかで、わたし自武創初号機の合気道の質が決まる気がします。まずは力を抜くから力を出す(込めるのではない)方向へシフトすべく、各種鍛錬(特に練り)をしていきたいと思います。せっかく本部道場K師範との知己を得たので、本部道場にも稽古に行ってみたいです。

そして合気杖に取り組みたいと思います。杖をやることで合気道の変質が見られるとは先輩方の言葉です。武器取り全体を日常的に行い、審査前だからやるという風潮を打破したいですね。長いようで短い3年、頑張って稽古の質を上げていきたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2012/6/3

報告  合気道

とりあえず  合格  しました!

詳細はまた後程。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やっと二段です。^^;)
3

2012/5/30

合気道・稽古427〜429 まとめ  合気道

少し汗ばむ季節になってきました。

審査稽古は追い込みを迎えています。少しずつ審査の概要が分かり、対策を立てています。しかしながらあまりにも多い技の数々、どこまで吸収できるやら。

5/26 審査稽古(T塾長の自由技、課題出題方式)
5/27 審査稽古(H指導部長のひっかけ課題)
5/29 審査稽古(T塾長、S先生の個々の技チェック)

土曜日はT塾長が出す課題をどんどんやっていくパターンの稽古。え、それどんなんだっけ?というのはありませんが、完成度の低い技はあります。それらをブラッシュアップ。

日曜日はH指導部長さんの課題出題。後ろ肩取り二教!とか出します。えっ、三教じゃないの?と思っているとしてやったりのH先生。三教から二教へ持ち替えればいいだけでした。

昨日火曜日の稽古はT塾長の個々チェック。多人数かけの入り身投げでかなり修正をいただきました。S先生からも後ろ肩取りの捌きを剣の術理で教わりました。

かなりいい感じになってきたかと思っていたらT塾長から「課題の作文を忘れずにね。」と言われて絶句。そう二段審査は作文も出す!どうしよう。。。
0

2012/5/23

合気道・稽古422〜426まとめ  合気道

あわただしい日々を送っています。

合気道審査を最重要視して、稽古に通っています。



 5/12 審査稽古(忘れた)
 5/13 審査稽古(忘れた)
 5/19 審査稽古(座技肩取り一〜四教、後ろ両手取り自由技等)
 5/20 審査稽古(短刀取り、後ろ両手取り自由技、肩取り等)
 5/22 審査稽古(座技肩取り正面打ち、座技後ろ肩取りの一〜四教等)

先生方は「知らなわい技が出ちゃいかん。」との親心で、今まで聞いたこともないような技や取りを教えてくれます。でもわからない技ばっかりやっていると全体のバランスが崩れていく気がしてちょっと。。。

さらには先週あたりから左手の握力がかなり低下しており、稽古に集中しきれないのもいけません。大丈夫か?自武創初号機!間に合うのか??? 自問自答する毎日です。あと2週間がんばります。
3

2012/5/10

合気道・稽古416〜421まとめ  合気道

相変わらずの繁忙度です。世の中いったいどうなっているのでしょう。。。

審査が近いため、なりふり構わず合気道の稽古に行ってます。

 4/28 審査稽古(短刀取り、二人掛け)
 4/30 審査稽古(短刀取り、二人掛け)
 5/02 有段者稽古(杖対杖、人対杖)
 5/04 審査稽古(座技)
 5/05 審査稽古(座技)
 5/08 審査稽古(片手取り自由技、もろ手取り自由技)

いや〜、ハードです。特に二段審査は座技が中心になるとのことで、TN先生から1時間の稽古中はずーっと、座技でした。正面打ちや肩取りの押え技や正面打ちからの入り身投げ、小手返し、片手取りからの回転投げ等をみっちりやりました。脚力不足を感じたので、毎晩フルスクワット50回を日課にしました。

中日の有段者稽古はH先生に1時間杖の基本動作を教わりました。カンッ、カーン!という乾いた木のぶつかり音がたまりません。人対杖は少しやったことがったのですが、完全な武器としての杖対杖は初めてでした。H先生はいつみても爽やか。同じ年とは思えない存在です。

最終日は自由技。演武会でやったものを流用していたのですが、T塾長からダメ出しが出ました。「もう二段になるんだらか(まだなってないって)、そんなゆっくりじゃだめ!」と言われ、呼吸系の技の自由技を見せていただきました。こりゃ、すげぇー。10本投げるのに10秒かかってない!

よい先生方の良い技を学びつつ、静かな心で審査に対峙したいと思います。
(心の中では「二段に受かったら・・・」ととてつもない野望が盛り上がり中。(笑))
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ