2017/8/13

はな姉 永眠  Happy Paws

7月後半より寝たきりになり介護生活を送っていた我が家のはなが、昨夜20時10分、永眠しました。

16年9ヵ月の生涯でした。

少し前まで17歳の誕生日を迎えられるんじゃないかと思っていたんですが、寝たきりになってから衰弱の一途をたどり、老衰にて眠りました。

詳細はつらいので書けませんが、ひとつだけ申し上げるとすれば、決して『老衰=安楽』ではないということでしょうか。
最期の迎え方はいろんなケースがあるでしょう。そこそこ元気だったのに突然、っていう話も耳にします。私は本当はそんなのを望んでいました。しかし、はなの場合は「今日か、明日か・・」という時間が一週間以上・・長かったです。



仔犬の様子を楽しみにブログを見に来てくださった方、すみません。
ここのところ写真を撮る時間、ブログを書く時間をはなと私自身のために使わせていただきました。
仔犬のお世話は滞りなくやっていますのでご安心ください。すくすくと成長しています。
気を取り直して、また仔犬の情報を発信していきます。



32
タグ:  里親募集 保護犬



2017/8/21  23:01

投稿者:はなくるみ

マークルさん

天寿を全うしたと思っているので、寂しくなくはないですが、仕方がないこと・・と思っています。
病気をせずに17年近くを生きられたこと、あんずやくるみのことを想うと、はなはラッキーだったなあ〜と・・・
何もかも思い通りになるということは難しいですね。

2017/8/18  19:41

投稿者:マークル

はなちゃん、お疲れさまでした。
今ごろみんなで楽しく駆け回ってるかな。

いつか別れがあるのはわかってはいても、どんな形でもやはり切ないですね。

2017/8/15  22:04

投稿者:はなくるみ

うーままさん

お悔やみありがとうございますm(_ _)m

動物を飼うということは、すなわち看取るということ。(世の中にはそんな当たり前のことができないふとどきものも居ますが)
寂しいし悲しいですが、飼い主の責任を果たせたという気持ちも大きいです。

先に逝ったうちのくるみやあんずが待ってることでしょう。

2017/8/14  3:03

投稿者:うーまま

子犬の様子を見に来た方へのご配慮、辛いなかありがとうございます。

はなちゃん、16歳9か月だったのですね。
いつかは必ずあるお別れですが、その日がすぐそことはほとんどの方が思わないでしょう。

我が家の犬も6月に13歳になってから、急に元気がなくなりました。あれやこれや、考えます。
長く寝込むのも可哀そうだし、急に逝かれるのも辛いし。
正解はないのですね。

心からお悔やみ申し上げます。
はなちゃん、16年9か月ありがとう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ