2009/6/16

男性不妊症の検査には  

男性不妊症の検査は、男性不妊症の多くは精子に関するものですから、精子にかかわる検査がメインになります。


a性器の検査・・・男性の性器に外傷や奇形となっている部分が無いか、また、前立腺に異常がないか等を検査します。

b精液検査・・・男性不妊症の検査としては最も基本的な検査になります。射精した精液の量や1mlあたりの精子の数、精子の運動率や奇形率などを検査します。

cホルモン検査・・・精子形成に関係するホルモン(FSH・LH・テストステロン・プロラクチンなど)の値を採血して検査します。

d尿検査・・・無精液症や精液減少症などの方を対象にした検査で、膀胱に精子が逆流していないかを調べます。検査方法は、射精をしてもらい、その後に尿をとって精子がいないかを調べます。尿の中に精子の数が多い場合は、逆行性射精という不妊症の可能性が考えられます。


男性不妊症の原因と検査について
男性不妊症って?
男性不妊症の原因と検査・治療方法
男性不妊症の原因や検査について
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ