引っ越し  

2015年8月より以下のアドレスに引っ越しをしました。
引き続き、是非読んでくださいね!

Chevrot 石黒カオリ オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kaori-bourgogne/

0

 

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀  

以前にこのブログでもご紹介をさせていただいた、天然うなぎの老舗”野田岩”の金本当主がNHK仕事の流儀に出演されます。その番組の中で、ブルゴーニュワイン生産者としてドメーヌ・シュヴロが紹介される予定です。
クリックすると元のサイズで表示します
放映7月29日(月)午後22時 NHKプロフェッショナル 仕事の流儀
http://www.nhk.or.jp/professional

前回のブログ記事
http://angel.ap.teacup.com/chevrot/155.html
0

 

アペラシオン・マランジュのサイトがスタート  

クリックすると元のサイズで表示します
ブルゴーニュのワイン生産地、そのアペラシオン・マランジュのサイトが史上初スタートしました!(日本語ページ作成中)
http://maranges.net

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/6/22

VINEXPO 2013  

クリックすると元のサイズで表示します

ドメーヌ・シュヴロが、ボルドーで行われるワイン業界者対象のVINEXPO2013のビオブースに出展します。

"EXPRESSION BIO"

Le mardi 18 juin 2013 10h-19h30
Le mercredi 19 juin 2013 10h-18h

au Palais des Congrés à Bordeaux

130 exposants
Dégustaions réservé aux professionnelles
Inscription obligatoire au Vinexpo et cette dégustation

詳細: http://www.vigneronsbio-aquitaine.org
0
タグ: VINEXPO EXPRESSION CHEVROT

2013/1/1

フランスとっておき田舎レシピ  

クリックすると元のサイズで表示します

伊藤由佳子
氏著のワインに合うフランスのとっておき田舎レシピが刊行されました。是非ご覧ください。
詳細:http://jp.rendezvousenfrance.com/ja/news/45320

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/12/31

ドメーヌ・シュヴロの民宿  住まい・インテリア

クリックすると元のサイズで表示します

ドメーヌ・シュヴロでは、シャンブル・ドット(民宿)を始めることになりました。リラックスできる色合いのブルゴーニュ流のインテリアブドウ畑に囲まれた部屋で過ごすヴァカンスはいかがでしょうか?もちろん、ドメーヌ・シュヴロのワイナリー訪問もお受けしています。

Lit aux Vignes
ブルゴーニュのワイン畑に囲まれた民宿
ドメーヌ・シュヴロのシャンブル・ドット

1部屋のみ
(2人用)キングサイズのダブル・ベット 
プライベート・シャワールーム+WC, TV、プライベート・ミニキッチン、小さなテラス付き、暖炉、200年程前に建てられたブルゴーニュの昔作りの家

詳細・予約:http://www.chevrot.fr/lit-aux-vignes
10

2012/12/1

ドメーヌ・シュヴロの蔵解放  

クリックすると元のサイズで表示します

毎年恒例のドメーヌシュヴロの蔵解放を行います。ご家族、ご友人をお誘いあわせの上、是非お越しください。(予約必要なし)
11月1日(木)〜4日(日)10時〜19時
19 Route de Couches 71150 Cheilly les Maranges, FRANCE
1

2012/10/7

2012年の収穫  

ブルゴーニュは、朝晩の冷え込む本格的な秋を迎えるころとなりました。ドメーヌシュヴロでは、2012年の収穫は、9月20日から少しずつ、24日には本格的にはじまり、29日に無事に終了しました。初夏より厳しい天候のために収量は、約40パーセント減となりましたが、質は大変良いワインができることを期待しています。今年も日本人の方がワーキングホリデーヴィザを利用して、ドメーヌ・シュヴロの収穫に参加してくださいました。北海道、札幌出身の朝倉香澄さんの感想文をご紹介いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

黄金色、小麦色、浅黄、薄緑などに美しくパッチワークされた丘陵に、だんだんと朝陽が当たっていく様子は、中腰になりながらぶどうを摘んでいる最中でもうっとりと見とれてしまう光景です。
ある日は太陽がまだ丘の裏側で顔を出しておらず、日の出が稜線をすーっと白く光らせ少しずつ赤に変えていく変化を、作業中にブドウの木の間から盗み見ることもありました。
合間の休憩中には、トラクターや車にもたれかかってワインを煽ったり煙草を吸っている同僚たち、草むらに寝転がっている若い女の子たち、そんな姿がとても素敵です。私はいつもぼんやりとながめながら気持ちよくなっていました。

ブドウを摘んでいる最中の私は、「これがうどん粉病の症状かな」「このブドウはさっきより糖度が高いから手がべとつく」とひとりで納得していることも多々。
また、ふわふわと柔らかい土や石のゴロついている場所などに行けば、その土壌に育まれたことを深く感じてブドウが愛おしくなり、感慨深くなります。
畑が坂に面していて午後の日差しが強い時は、この光を浴びたからここまで成長できたのね、とまたしみじみ・・・しているうちに後れをとってしまい、いけない!いけない!と我に返って手を動かすのでした。

そしてまた幸せなこととえいば、休憩中やごはん時にはシュブロのワインが飲み放題、夕食の時なら年代の古いものも出てきて、好きなだけ呑めてしまうことです。毎日いろいろなボリュームのある献立と仕事後にみんなで呑むワインはとても美味しいものでした。

ブドウを摘むのが一番遅い私に、いつも気をかけて、声をかけてくれた優しい同僚たちやあの美しい丘や、そしてドメーヌシュブロに出会えて本当にすがすがしく、幸せな楽しい時間を過ごす事が出来ました。 
ブルゴーニュの丘に囲まれるヴァンダンジュ、その掛け替えの無い時間はとても大切にしたい思い出です。
                             
朝倉 香澄
6

2012/8/15

2012年夏シュヴロ・パブロ来日決定!  ニュース

クリックすると元のサイズで表示します
シュヴロ・パブロ(左)と弟のヴァンサン(右)

今年の夏にパブロと日本への帰国が決定しました。パブロの来日は3年半ぶりとなります。皆さまにお会いできる機会となる2012年夏シュヴロ来日ワイン・イベントを決まり次第ご紹介していきます。奮ってご参加ください。


8月2日(木)14:00-17:00
テラヴェール主催試飲会(東京)

キッコーマン本社にて、ワイン業界者対象
詳細:http//www.terravert.co.jp

8月4日 (土)菊池美升シェフのお料理とシュヴロのワインのマリア―ジュ満席御礼!
ル・ブルギニオンに て、18:00〜
東京都港区西麻布3 丁目3−1 長 井ビル 1F
参加費:18、000円(お料理、ワイン)


8月7日(火)14:00-17:00
テラヴェール主催試飲会(大阪)

堂島ホテルにて、ワイン業界者対象
詳細:http://www.terravert.co.jp

8月9日(木)『ドメーヌ・シュヴロ』ワインメーカーズ・ディナー(広島)
    〜パブロ・シェヴロ氏を迎えて〜 18:30〜
 会場  :リーガロイヤルホテル広島 33階 レストラン シャンボール
 料金  :お一人様 12,000円
      (料理・ワイン5種・税金・サービス料含む)
予約、問い合わせ:レストラン シャンボール TEL:(082)228-5473(直通)
http://www.rihga-hiroshima.co.jp/index.htm



0

2012/7/8

ブルゴーニュワイナリーのクリマ: 2014年度ユネスコ世界遺産指定に向けて  ニュース

クリックすると元のサイズで表示します

来たる6月25日、「ブルゴーニュクリマのユネスコ世界遺産登録」協会が、登録書類のコピーを提携者各位に手渡します。クリマは同書類によって、フランス文化環境省から2014年度の世界遺産フランス候補に選抜されました。

これから本選考に向けて、支援者のみなさんにますますの応援を呼びかけながら支援の動きを高めていきます。

詳細:http://www.climats-bourgogne.com/fr/#/Accueil


ブルゴーニュワイン事務局より 21/06/2012
ホームページ:http://www.bourgogne-wines.jp
0

2012/6/8

インターネット: アニメーション版 ブルゴーニュワインの出来るまで  ニュース

クリックすると元のサイズで表示します

image par BIVB

ワインはどのように作られるのでしょう?


この疑問に答えるために、ブルゴーニュワイン事務局では、赤・白・発泡タイプ、それぞれのワインについてのアニメーション解説を実現しました。クリックするだけで、ブドウがセラーに取り込まれ、ワインとなってボトル詰めされるまでの工程を追うことができます。解説には、端的なものから詳細なものまで、様々なレベルが選択できます。

詳細解説をみるには、「さらに詳しく知る」アイコンをクリックします。ブルゴーニュのワインセラーで撮られた画像とともに、段階ごとにワインづくりを見ていくことができます。言語は、英語もしくはフランス語が選択できます。

同じく英語版とフランス語版が選択できる動画では、さらに詳細な説明がご覧になれます。

これらはフランス初となる試みであるとともに、携帯版サイトからもアクセスできるよう配慮されています。

The vinification 左をクリック

ブルゴーニュワイン事務局より 01/06/2012
ホームページ:http://www.bourgogne-wines.jp
1

2012/3/12

グラン・ジュール・ド・ブルゴーニュ 2012  

2012年3月19日(月)〜23日(金)
ワイン業界関係者対象のブルゴーニュワインの大試飲会

事前登録要 詳細 http://www.grands-jours-bourgogne.fr 

クリックすると元のサイズで表示します

ブルゴーニュの地でブルゴーニュワインを見出してください

1992年に始まったグランジュール・ド・ブルゴーニュは、隔年3月に開催されてきました。1週間の開期に日替わりで、シャブリとグラン・ドーセロワ(月曜)、コート・ド・ニュイ(火曜)、マコネ(水曜)、コート・シャロネーズ(木曜)、コート・ド・ボーヌ(金曜)、ブルゴーニュの産地を巡ります。

数値データで見るグランジュール・ド・ブルゴーニュ
ブルゴーニュを横断する15のテイスティングサロンを開設。100種のアペラシオンを紹介。ブルゴーニュワイナリー1000社が参加。最新ヴィンテージを含む1万本のワインテイスティング。世界40ヶ国を含む2000人の参加者見込み。2010年度の参加者数は10%増を記録。

第11回のパートナー提携
ブルゴーニュワイン事務局(BIVB)、ブルゴーニュ地方議会、シェフ&ソムリエ、コート・ドール県議会、ソーヌ・エ・ロワール県議会。前回に引き続きブルゴーニュ・クレディムチュエル(総合信用銀行)も名を連ねるほか、「ブルゴーニュクリマのユネスコ世界遺産登録推進」協会もこの国際イベントに協力しています。

イブニング企画
2012年3月20日(火) :
「長期エコワイン栽培と有機ワイン」についての講演とテイスティング - 17時、ボーヌの国際会議場にて

ブルゴーニュワイン事務局が「2015年計画」の一環として推奨する長期エコロジーワイン栽培と、具体的な活動内容についてご紹介します。とりわけ有機栽培に注目します。講演後にはテイスティングを開催します。


3月21日(水) : 「ブルゴーニュワインと世界の味わい」 の夕べ


事務局が4年連続で主催するこの企画では、「味わい」をテーマとし、思いがけない感覚印象を体験します。卓越のブルゴーニュワインと、世界各国の料理の驚くべき出会いにご期待ください。


3月22日(木) : 「グランド・メゾン&グランクリュ」の夕べ、プレスカップトロフィー授与式

名高いクロ・ド・ヴジョーにて、グランクリュのテイスティングと、「ブルゴーニュワインメゾン連合」の主催するプレスティージュディナーを開催します。第10回を記念して、この機会にプレスカップの勝者にトロフィーが授与されます。優れた記事を実現したジャーナリストに加え、2012年の新企画として最も優れた写真ルポを実現したフォトジャーナリストの功績もたたえられます。

さらには…
-11時、国際会議場にて
各アペラシオンにズームアップ、最新ニュースなど。

常に進化するレセプション

実用ガイド「ロードブック」:2012年の新企画の一つであるこのガイドブックは、より効率的にイベントに参加できるように、15のテイスティングサロンの詳細のほか、シャトルバスの運行といった実用情報を集めています。

スマートフォン対応の携帯サイト
:フランス語と英語版で利用できる携帯サイトでは、イベントのあらゆる実用情報をお届けし、スケジュール作成にお役立ていただけます。1月下旬より利用可。

公式インターネットサイト : イベントの完全プログラムを閲覧やテイスティングの参加登録を行うことができます。参加企業リストは近日公開。 www.grands-jours-bourgogne.fr


日替わりのテイスティング手帳

より充実したシャトルバス運行:無料でご利用いただけます。運行地図ならびに時刻表はインターネットサイトならびに携帯サイトをご覧ください。

ブルゴーニュワイン事務局より 23/01/2012
ホームページ:http//www.bourgogne-wines.jp

ドメーヌ・シュヴロは、以下の2つの会場の試飲会に参加します。

2012年3月23日(金)

1)Salon des Jeunes Talents
à la Comédie du Vin
12 boulevard Jules Ferry 21200 Beaune
10h - 18h | 50 exposants
Toutes appellations de Bourgogne

2)Des Maranges au Montrachet en passant par Santenay et Saint-Aubin
au Château de Santenay
1 rue du Château 21590 Santenay
10h - 18h | 80 exposants
Chassagne-Montrachet, Maranges, Puligny-Montrachet, Santenay, Saint-Aubin
1

2012/2/28

2011年ヴィンテージ : ブルゴーニュワインの好収穫  

クリックすると元のサイズで表示します
photo par BIVB

ブルゴーニュワイン2011年度初の収穫結果が発表されました。2010年のかなり低い収穫量を受けたこの年は、平均収穫量に近づく数値を記録しています。

収穫量150万5500ヘクトリットル(hl)は、過去5年の平均量比で3,4%増、2010年度比では11,6%増となります。

なかでもクレマン・ド・ブルゴーニュは、13万3000 hlという記録的数値を打ち出しました。これは、今日のクレマン人気に応えるための最低必要量にあたります。この発泡タイプのAOCアペラシオンは、国内外ともに非常に高い人気を誇っています。

ブルゴーニュワイナリーで生産量が増加しているのは白ワインです。色別製造量比率においては、白の割合が伸び続けています。最新の記録的数値では、2009年度の2,5%増が挙げられます。 同年以降、5年間の平均値比で6%増に値する970万hlという、100万hlに限りのなく近い量が維持されてきました。これはブルゴーニュほぼあらゆるアペラシオンに共通しています。

一方で赤の生産量は、452万hlという低収穫にとどまっています。これは、平均値比2%減に相当します。2010年にみられた低収穫量の影響を受けて、赤のストックは中期間に渡って減少する見込みとなっています。

最終的なブルゴーニュワインの色別割合は、白62,5%、赤29%(内ロゼ0,7%)、クレマン・ド・ブルゴーニュ8,5%となります。

ブルゴーニュワイン事務局より 24/02/2012
ホームページ:http://www.bourgogne-wines.jp
2

2012/2/11

タラサ  

金曜日の夜は、夫のパブロが合気道に通っている為、息子と2人でゆっくりした時間を過ごします。2人で夕食を終えると、海がテーマのTVの時間。普段あまりテレビを見ない私達も、金曜の20:30にはTV前に集合です。これは、ひいおばあちゃんから勧められた、息子の強いリクエストです。このTVフランス3で放映されているタラサは、フランスの各地方、各国の海を中心に環境問題や、歴史建造物保存、海にいきる人々がテーマの番組です。考えさせられることが多い・・・。日本があまり取り上げられないのは、以上のテーマに対して興味深い国ではないからでしょうか?
クリックすると元のサイズで表示します
image par http://www.thalassa.france3.fr

今日は、生まれながらにして片方の足が膝からないイスマエル君がリーダーとなり、ハンディキャップを抱える人々の海のスポーツへ導くというお話がありました。”あれがないからできない、これがないからできないっていうのはないね!やろうと思えば何でもできるね〜。”と元気の出るお話でした。
クリックすると元のサイズで表示します
image par http://www.thalassa.france3.fr

これらのTVで放映された番組は、1週間インターネットでみることができます
仏語勉強中の方にも、そうでない方にもお勧めです。

Thalassa
Le site officiel de Thalassa, le magazine de la mer
0

2012/2/10

ブルゴーニュワイナリーのクリマ: 「ユネスコ世界遺産」候補書類がフランス政府を通過  

クリックすると元のサイズで表示します

去る11月18日、「ブルゴーニュクリマのユネスコ登録推進」協会が、「フランス国立財産委員会」の面接を受けました。2012年1月、同委員会は、ユネスコに提出する2候補のひとつとしてこの活動を選出しました。

現在、ブルゴーニュでは候補支援の動きが高まりを見せています。活字媒体、ラジオ、テレビ、インターネットといった各種メディア団体が、オーベール・ド・ヴィレーヌを中心とする協会の「メディア協定」に署名しています。

トータル23の在ブルゴーニュメディア団体が、「ユネスコ候補に関する情報を広く伝え」、「ユネスコ候補公式サイト上でのサポートを表明」し、「より広い支援の獲得」と、「候補地におけるイベント開催時には、最大限のアピールが実現」できるように尽力しています。

詳細:http://www.climats-bourgogne.com/fr/#/Accueil


クリックすると元のサイズで表示します

ドメーヌ・シュヴロもこの活動(クリマ・ドゥ・ブルゴーニュ)を応援しています。

ブルゴーニュ・クリマ(ブドウ畑の区画)の環境を守り、ユネスコ世界遺産に認められる為のこの活動に支援頂ける方、以下の協会のインターネットサイトよりご証明ください
http://www.climats-bourgogne.com/fr/#/RejoindreLeComite
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ