2018/6/3

HUMANS 0302-03  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

レオがついに意識を取り戻しました!!!

このHUMANSというドラマは、人間とAIの関係を描くことで人間にとってのテクノロジーとは、というテーマと同時に人間同士の差別というテーマをも浮き彫りにしている・・・ことも興いのですが、

やはりコリン・モーガン見ることが重要で、

コリン演じるレオの元気そうな姿、カッコイイ姿、かわいい姿をずっと待っていたファンにとって、長い冬が明けたような喜びがやってまいりました!

しかも、シリーズ2の終わりで首を刺されて大出血、瀕死の重傷を負ったレオは、人間の部分(彼は半人間、半シンス)は損傷を受けなかったので命は取り留めているものの、1年以上も昏睡状態にあったのです。

植物人間のように管につながれてたレオですが、マックスの個人的な事情から呼吸装置を外されてしまい、命の大ピンチ!ちょうどその時人間が偵察に基地を訪れ、シンス達が銃を突きつけられる不穏な事態に。

奥の部屋でポンプで必死にレオに空気を送るマッティを助けたのは、折しもドサクサに紛れて忍び込んでたニスカ。強壮剤のぶっとい注射をレオのTシャツをガバッとめくりお腹にブスッ!!!

ニスカの大胆な注射がレオを目覚めさせました。

しかし人間を憎むシンス仲間の存在を無視できないつらいマックスは(シリーズ3でマックスは辛い立場に置かれてるなあ〜!)レオの安全を確保できないと悟り、マッティとともにゲットーを出るよう指示します。

昏睡から目覚めたばかりで歩けないフラフラのレオをトラックの荷台に乗せて見送るマックス。またこの2人が仲良くなれる日が来ますように。

目覚めたレオは、記憶が途切れ途切れになり、首を刺される以前のデジタルだった記憶ではなくなりました。回復中に、怪我で損なわれた人工の部分を人間の部分が復元してきたようなのです?!

どうやって?!とは思いますが、そもそもがレオは半人間ですから疑問はそこにさかのぼるんですけどもそれは置いておいて、

人間の部分が増えたレオは、別人のように優しくて頼りない表情をするんです。

コリンの演技力よ!

以前のレオはいつも暗いトゲトゲした表情だったんですが、それは彼の境遇が追われている身だからと思っていました。

が、今のレオを見ると、普段無表情なシンスの部分がそうさせていたのもあったのか、と初めて知りました。

そして、エピ1での私の予感は的中・・・

(てか1年以上も昏睡するレオにマッティは付き添ってたのだから、わかるよね!)

マッティとレオの心がついに通う。

人間の世界でひとり堂々と生きる決意をしたミアの行方も気になるけれど、レオとマッティ・・・レオとマッティ・・・出会ったときはまだ高校生だったマッティ今何歳なんだろう。

そして私のもうひとりのお気に入りシンスのオディはまだ姿を見せませんが、レオとマッティ・・・レオとマッティ・・・

今はこのふたりの事で頭がいっぱい。

以前の痛々しそうなレオから、今度はあどけない顔をするレオに。マッティ色々な意味で想像を超える達成感じゃないでしょうか。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ