京都を離れてン十年。住んでる時は何も思わなかったけど、離れて初めて実感した京の街。
外から見た京都も伝えていきたいです。

ただ今過去の記事を編集中です。 サイドメニューの【記事カテゴリー】も見てくださいね♪
折々の京ことば  京ことば

2008年の4月から京都新聞の朝刊のミニコラムで始まった堀井令以知の折々の京ことば。  最初何気なく読んでいたら、わあ〜〜懐かしいなあ〜〜 アレッ?これって京ことば?やったん? エ〜こんなん知らんわぁ〜 つこてへんでぇ〜 へ〜〜昔はこんなことばをつこてたんや〜 なんていつのまにか切抜きをしていました。

ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート  ハート

ア行

@あて

Aあらしゃる

Bあい

Cあつおす

Dあかん

Eあじもしゃしゃりもない

Fあわさ

Gあめさん

Hいったんどり

Iいか

Jいらだき

Kいらう

Lいぬやらい

Mいてる

Nいちびる

Oうれこい

Pうなぎのねどこ

Qうしろふりむいたらあかん(十三参り)

Rうつる

Sえずくろしい

21えげつない

22おあいそ

23おひなる

24お初3日盆3日

25おてぼん

26おねくる

27おせんすになる

28おもる

29おこぼ

30おかがみさん

31おけらまいり

32おことーさんどす

33おけそくさん

34おしょうらいさん

35おみや

36おしきせ

37おばんざい

38おきばりやす

39おため

40おくない

41おたのもうします

42おはようおかえり

43おぶー

カ・ガ行

@かする

Aかかり

Bがたろ

Cかかる

Dかざ

Eかしらいも

Fかってくる

Gかぼちゃ

Hかんがえときまっさ

I ぎゅーちち

Jきずし

Kきさんじな

Lきんきん

M京へいく

Nぐじ

Oけったいな

Pけんけん

Qけねけね

Rごきげんよー

Sこたち

21こそばい

22ごりがん

23こんちきちん


サ・ザ行

@さいはらい

Aさら

Bしまいくち

Cしろっと

Dしなこい

Eしんせつに

Fしびれきょうへのぼれ

Gしまつ

Hしりからしりから

I〜し

Jしっぽく

Kしがんだ

Lしんきくさい

Mしんどい

Nしばく

Oしかつい

Pすかんたこ

Qずぼら

Rずいき

Sすかたん

21せんど

22せこい

23せわしない

24せんぐり

25せく




タ・ダ行

@だいもんじ

Aたんと

Bちゃらんぽらん

Cちょろけん

Dちょか

Eちょっとそこまで

Fちょろこい

Gつかんこと

Hつかまえ

Iでんぼ

Jてっぱい

Kてんやわんや

Lでんち

Mてんこもり

Nであいもん

Oてんやもん

Pとーに

Qとんど

Rとろい


ナ行

@菜の花漬け

Aなにもおへんけど

Bなんしか

Cなきみそ

Dなまくら

Eなんば

Fなんぎやなあ

Gにぬき

Hにじくる

Iにっちょ

Jねこわけ

Kねき

Lののさん




ハ・パ・バ行

@はしじかどすけど

Aばったりしょうぎ

Bはばかりさん

Cはったいこ

D ひょんな

Eひらの八講あれじまい

Fひんず

Gひちぎり

Hひざつく

Iひしはなびらもち

Jひつこい

Kびびる

Lひちくどい

Mひやこい

Nひりょーす

Oひね

Pひませ

Qぶんまわし

Rふっさり

Sふご

21べかこ

22へー

23へぎ

24へんねし

25へつる

26べべた

27べんちゃら

28へたばる

29べにさしゆび

30ぼったくり

31ほげた

32ぼん

33ほうらく

34ぼっかぶり

35ほとけばな

36ぼうしきる

37ほんま

38ぽち

39ほたえる

40ほっこりする

マ行

@またにする

Aまねくそ

Bまむきのぼたん

Cまねき

Dまったりする

Eみあげ

Fみせだし

Gみずな

Hみずや

Iみとーみ

Jむさくろしおす

Kめーぼ

Lめーがかたい

Mめっそうな

Nもらいずて

Oもみうり

ヤ・ラ・ワ行

@やどがえ

Aやくたい

Bよばれだち

Cよーけ

D〜よし

Eよーすする

Fよろしおあがりやす

Gろくしか

Hわれしのぶ

Iわや

Jわりき

Kわりかし

京ことばは御所ことば・公家ことば・花街のことばに一般庶民のことばと住むところによって分かれていましたが、今はシャッフルされていますね。
よかったらSNOWのHPの京ことばも見てくださいね♪

4月・5月ごろに載っていた京言葉の中で知っている言葉はSNOWのホームページの京ことばの中に載せました。6月ごろからの記事をアップしていましたが、切抜きを忘れたり。。。当時はパソコンのしすぎなのか目を傷めてしまって、ほんの数行の記事を見ながら打つってゆう作業がつらくって。。。目の具合のいいときにだけ打っていたので、ここには一年間掲載された全部の言葉は載っていませんのでご了承くださいね。


京都新聞から『折々の京ことば』の本が書店や京都新聞販売所などで発売されています。
四六判・208ページ・定価1260円です。

クリックすると元のサイズで表示します

ハート ハート ハート 京のあれこれ ハート ハート ハート

2年前に京都検定の問題を見ていたら、アレッ?これって京都だけなの?って思うようなのがいくつかあった。
普段なにげなく当たり前だと思ってたことが京都の風習だったりして。。。
でもひょっとしたら私の住んでいる地域も同じような風習がありますよ。とゆうかたは掲示板に一言書いてくだされば嬉しいです。
ここでは京都の風習も含めて京都検定の問題や京都新聞、あるいは京都の情報誌を参考に『京のあれこれ』を書いていきたいです。 

@結婚のお祝い

A水無月

B火廼要慎

Cにらみ鯛

Dお宮参り

E十三参り

F城南宮のお砂

Gおしょらいさん

H大文字五山送り火

I地蔵盆

J事始め

K節分
1
タグ: 京ことば

ごきげんよー  京ことば

御所ことば。京都の尼門跡で常用する。
「お早う」「今日は」「今晩は」にゴキゲンヨーを用いる。

宮中の女官も陛下にゴキゲンヨーと申し上げ、女官どうしもゴキゲンヨーと言い合った。
女官は陛下に対する新年のご祝儀申し入れに
「お揃いあそばされまして、御機嫌ようならしゃいますことをおめでとう、かたじけのう、
お喜び申し入れまする」と言った。別れのあいさつもゴキゲンヨー。

                 (京都新聞 折々の京ことばより)

京都の尼門跡
大聖寺(だいしょうじ)、宝鏡寺(ほうきょうじ)、曇華院(どんげいん))、光照院 (こうしょういん)、三時知恩寺(さんじちおんじ)、霊鑑寺(れいかんじ)、林丘寺 (りんきゅうじ)、慈受院(じじゅいん)・宝慈院(ほうじいん)
 

「おはようございます」が一般的に言われだしたのはテレビが各家庭に一台になって
 NHKの朝のニュースのはじめに言われるようになったからではないでしょうか。




去年4月から京都新聞・朝刊にミニコラムで始まった堀井令以知の折々の京ことばも
今日で連載が終わりました。 寂しいですね。

それでは。。。ごぎげんよ〜♪ 

京都・平安神宮・南神苑の池の映りこみ
クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 京ことば

ひょんな  京ことば

思いもかけない。とんでもない。

「ヒョンナことで本を出版しますのや」。ピョンのもとはホヤ・ホヨ。古くは宿り木のこと。

ホヨは計り知れない力を持ち、ホヨを採って頭にかざしてめでたい印とした。
妙な突飛な、予期しない人間の力以上のものを感じてヒョンナコトの表現が出来た。
室町時代のことばを収める「日葡(ニッポ)辞書」にも「服装ややり方などが奇異で突飛な」の意味で記される。

                      (京都新聞 折々の京ことば)

0
タグ: 京ことば

おあいそ  京ことば

客へのサービス。勘定書。

「オアイソに三味線弾いてんか」のオアイソはご愛嬌の意味。

贈り物を受けたときに「ちょっと待ってもろてオアイソ入れといてんか」のように陽気に入れ返礼の品もいう。

料理屋などので用いる勘定の意味は、客が勘定書きを見て愛想をつかすところからいう語であり、店舗側からのことばであった。 今は客の側からも「オアイソにしてんか」と言う。
                     (京都新聞 折々の京ことば)




贈り物を受けたときは半紙2枚を4つ折りにしてお返しする。
結婚祝いや出産祝いをもらったらお為をかえす。

昔OLだった頃、先輩とお食事にお寿司屋さんにいったら最後にお勘定してもらうのに「オアイソにして。」と言ってた。
私にはその意味がわからず聞いたら。。。お店の人は高いお寿司を食べてもろたさかいにお客からお勘定をもらうときに愛想よくしてたらいつの間にかお客からオアイソしてってゆうようになったと。。。帰るときはお店の人がアイソようしてくれたらまた来ようか。と思うやろと。ほんまかうそかはわからへんけど。。。そういわれたことだけは覚えています。


クリックすると元のサイズで表示します
0
タグ: 京ことば

ぎゅーちち  京ことば

牛乳。
「毎朝ギューチチ飲んでます」。
ミルクやギューニューという前、昭和初期には京都ではギューチチであった。
幕末の「英和對譯袖珍辭書(たいやくしゅうちんじしょ)」にはmilkは「乳汁」と訳してある。
コーヒーは京の店ではコーヒと書かれることが多かった。

うどんの名称も東京とは違っていた。具を入れないうどんは東京ではカケであるが、
京ではスウドンである。ツルツルはうどんの幼児語である。

                (京都新聞 折々の京ことばより)




SNOWの時代は牛乳は牛乳です。 ぎゅーちちは初めて聞きました。
コーヒーに入れるミルクはフレッシュです。
すうどんは今でもすうどんですね。
0
タグ: 京ことば




AutoPage最新お知らせ