京都を離れてン十年。住んでる時は何も思わなかったけど、離れて初めて実感した京の街。
外から見た京都も伝えていきたいです。

ただ今過去の記事を編集中です。 サイドメニューの【記事カテゴリー】も見てくださいね♪
御所せんべい  京のお菓子

御所の一般公開へ行ってきました〜♪
記念に御所せんべいを買いました。



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します




今年は天皇陛下の傘寿を祝って、御所の正面の建礼門が開きました。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
0

聖護院の八ツ橋  京のお菓子

今日は昼から雪で。。。降ったりやんだりしていました。 
夕方買い物に行くときはやんでいたのに、帰るころには雪が。。。家に着いたら黒の帽子が真っ白けになっていました(^^;
冬に舞い戻ったようで寒いですね。 風邪を引かないように気をつけてくださいね。


この間両親の住民税の申告に行ったときに京都駅で買うた八ツ橋です。
八ツ橋はお土産にもらうもんだと思っているから、何十年ぶりかで食べましたよ。

私はニッキが苦手なので生八ツ橋はあんまり好きじゃないけど、この焼いたほうは好きですね。
焼くとニッキの香りがあんまりしないし、歯ごたえがいいですね! パリッパリッバリバリ〜と。。。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します


ドキドキ  ドキドキ  ドキドキ  ドキドキ  ドキドキ

今日は八ツ橋でお茶にしましょ!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

抹茶ぷりん  京のお菓子

知り合いからジュヴァンセルの「抹茶ぷりん」を頂きました〜♪

甘いような。。。ほろ苦いような。。。大人の味のプリンでした。

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します



ジュヴァンセルは伏見大手筋商店街にあるお店です。
初めて聞くお店なので検索してみました。

1988年の祇園祭の日に、御池通りに誕生したそうです。名前の由来はフランス語で、「乙女」という意味で、御池店・桃山店のほかに祇園店があるそうです。
おしゃれなお店のようで。。。一度入ってみたいですね。
0
タグ: 抹茶ぷりん

水無月  京のお菓子

夏越祓(なごしのはらえ)は1年の折り返しにあたる6月30日に各地の神社で、残る半年の無病息災を祈願する神事です。
また、この日に和菓子「水無月」を食べます。
水無月は小豆をのせた三角形の外郎(ういろう)です。三角の形は暑気を払う氷を表し、小豆は疫病の悪魔祓いの意が込められています。


クリックすると元のサイズで表示します

今年は白とお抹茶もこうてみました。

クリックすると元のサイズで表示します
0

桜餅  京のお菓子

お彼岸におはぎを買いに行ったら、きなこもちと桜餅がセットになって売っていました。(SNOWは春のぼた餅は自分で作るけど、秋のおはぎはお店でこおてきます。 なぜかとゆうと春は暮れにこうたもち米やあずきをぼた餅用に少し残しておくので。。。)

いつだったかテレビで関東と関西の桜餅が違うってゆうのを知りました。
関西では道明寺粉を使った桜餅です。
きな粉もちと一緒に入っていたので少々きな粉がついたけど、そこはそれ愛嬌ってことで。。。



秋に桜餅? てっきり春の和菓子だと思ってたけど、よく考えたら春に桜の葉っぱを塩漬けにしたらちょうど今頃、色よく漬かって、桜餅の葉っぱにちょうどいいんでしょうね。
昔々、桜の葉っぱを取ってきて塩漬けにしたことがあるけど、うまくいかなくって。。。あとで調べたら桜は桜でも山桜の葉っぱを使うそうです。 私はソメイヨシノの葉っぱでやったから失敗したのも今は懐かしい思い出ですね。
0




AutoPage最新お知らせ