2018/6/4

モヤモヤ〜  どうでもいいこと

モヤモヤどころじゃないかもしれません、気分がどん底に落ち込む6月がやってきました。普通にしていても生きていても仕方がない、と思えるのに、さらに落ち込むことがポチポチ起こります。

自分が原因ではないものの、棘のようにチクチクと。ドラマが終わってしまったロスというややくだらないものから、自分の体質でこれまでのように何を食べてもよくなくなってしまった、毎日考えなければならないという地味にショックなことや(今後の病院通いとか含め)、こたまのお母さんが8歳の若さで亡くなった訃報、ショコラが亡くなってちょうど半年とか、間もなく父の一年祭(一周忌)と、まだまだ続く遺品整理とか。

めでたいはずの甥の結婚式。私は子供がいないので、花嫁や花婿の母になることはないし、子育ての嬉しさ大変さ含めて全部味遭うことのない人生なんだなと切なく思ったり。生まれなかった子供の”れば、たら”を考えたり。

私は比較的、なんでも自分一人で楽しめる方だけど、1年に10日くらいは、誰かと喋りたくなります。でもふと振り返ると、そんな人もいない。あ〜私友達いないわ。くだらないことを喋る人がいない。”PSBファン”とか”猫”とか”人形”とか、それぞれのジャンルで知人や仲間はいることはいるけど、どうでもいいことをだらだらと話す人がいない。例えば、いま絶賛ロスのドラマのことを話す人がいない(「直虎」のときもそうだったな〜)。ちょっとでも話せれば楽になれるのになと思うのに(でもSNSとかで知らない人とは話せない)

少し前はそんな感じの何でも言える友人がいたけど、彼女は私の根本的なところを否定して侮辱したんで、大分我慢はしたけどもう付き合うのは無理、潔癖症だんだな、私。

ちなみに夫は、私とはまったく趣味のベクトルが違うので共感度はほぼなく、母には、昔から相談すると怒られて問題を大きくされてしまうので、昔からほとんど本心を隠して生きてきたし、今は亡き父は、昔から遠い国にいるような人、家族で唯一話せるのは姉だけど、45年以上遠くに離れて暮らしているので、めったに会えないです。

自分を救う方法を、今のうちになにか考えないと、また以前のように、死ぬことばかり考える日々に突入してしまうんで、いま、出口の方向を模索中です。

一番現実的で、叶いそうなのは、新しく猫を飼うこと。ショコラがいなくなって半年、猛烈に寂しくてその穴を埋められず、母(養母)になりたい気持ちが大きくなっています。ショコラの闘病をして見送った時は、もう猫(とくにショコラを思い出す黒猫)は飼えないと思ったけど、寂しさの方が勝って来ています。

半年たつと猫は生まれ変わるとか、聞いたような。着替えてくるから今度は黒猫じゃないかもとか。

ショコラが迷わずにここに来てくれるといいな。ご縁があるといいな。
8



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ