2016/9/7

軍師乱子の作戦勝ち  ラブラドールレトリバー

毎日治療院で看板犬としての激務をこなすぐんとラン。

そうなの〜?とか言っちゃだめですよ〜

そう、それで激務の合間をぬって

少しでも息抜きができればと思い...

息抜きばっかじゃん!とかも言ってはいけませんよ。

というわけで、

今日はボール探しゲームをやります!

いいか君たち盛り上がれよ〜


(パフパフドンドコドンドン♪)



わーいわーい!って顔の2匹。




   クリックすると元のサイズで表示します


写真上のように、お座りさせてマテと指示して

隣の部屋へ私だけが行きボールを隠して

ボール持ってこい!の指示でボールを探してくるゲーム。

ボール命のぐんは大喜びで探し出します。


   クリックすると元のサイズで表示します


ってあれ?ラン探さないの?

なぜか私の足元を離れないラン。

まさか...


   クリックすると元のサイズで表示します



ボールを見つけたぐんを見つけて横取り作戦開始!

私のそばにいれば鴨がネギしょって...

じゃなくて、

ぐんがボールを持ってくると知っているんです。

なんて知能犯なんだ!!ひでぶっ。



   クリックすると元のサイズで表示します



しかもカメラ目線で余裕な感じ。

そこからボールの奪い合いバトルが始まって

最終的にはランが勝つのでした。




    クリックすると元のサイズで表示します



軍師乱子、戦国を生き残れるタイプ(笑)







ランキングに参加してます。

ポチっとクリックよろしくお願いします!!

    ⤵    ⤵



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


0

2016/9/5

ハンター乱子  ラブラドールレトリバー

ハンター乱子が獲物を狙っています!




   クリックすると元のサイズで表示します




追っ手を巻く作戦もバッチリ!




   クリックすると元のサイズで表示します



そして...



   
    クリックすると元のサイズで表示します



ぐ、ぐんちゃん!!




    クリックすると元のサイズで表示します



ボクいますよ!!byぐん








ランキングに参加してます。

ポチっとクリックよろしくお願いします!!

    ⤵    ⤵



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

0

2016/9/2

お人(犬)好し  ラブラドールレトリバー

こんばんは、ボクぐんちゃんです〜

今日はこちらの洞穴からお届けしています!



     クリックすると元のサイズで表示します


なんちゃって!

ランの股の下でした!


     
     クリックすると元のサイズで表示します



ボクの妹分のランちゃんはとってもお転婆で、

でもボクのことが大好きみたいですよ、

ちょっと照れるな〜♪てへへ。



ほらね、こんな風に抱きついてきたり、



     クリックすると元のサイズで表示します



ボクの耳も大好きなんです!

やめろってば〜♪



    クリックすると元のサイズで表示します



そんなランちゃんのこと、実は...

ボクも大好きなんです!!ランには内緒ですよ(照)




    クリックすると元のサイズで表示します




こんなラブラブな写真を公開されちゃって

ボク恥ずかしい〜

もしかしてフライデーですか?なんちゃって!ワフワフワフ〜♪



...。





ぐんて本当にいいやつだな!(飼い主より)








ランキングに参加してます。

ポチっとクリックよろしくお願いします!!

    ⤵    ⤵



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

0

2016/9/1

もしも病気になったなら  ラブラドールレトリバー

犬を飼い始めたときから始まる悩み、
それは犬の病気やいつかは必ず訪れる別れに対する恐怖、などがあるでしょう。
いつになくシリアスな書き出しです(笑)

私は治療師を生業とすると同時に病院では難病指定とされている患者でもありますが、
現在は西洋医学による投薬、治療はいっさい行っていません。
幸い現在は血液検査による数値も安定しており人様の体を診させていただくまでに
気力と体力も充実しています。

そして自らの経験から西洋医学を全く信用していないのですが、というより病院大嫌いなのですけど、
それは動物病院に関してもその思想は同じなのです。
ただ、多くの西洋医学否定派で東洋医学、自然医学信奉者の人が自分自身の病気に関しては冷静に判断できてもいざ、自分の子供や家族が病気になった場合は必ずと言っていいほど西洋医学を頼っているという事実もあります。
もちろん緊急を要するような時は西洋医学を頼るのはむしろ正しい判断ですし、そのことに文句を言う筋合いは全くありません。
ましてや人間と違い動物はしゃべれませんので家族同然の愛するペットが苦しんでいるのを見れば動物病院へ駆け込むのは当然ですよね。

ではいざ私の可愛いぐんやランが不測の事態となったらどうするのか?を考えてみました。
例えば不慮の事故による怪我、腸捻転などの緊急処置が必要な場合、異物の誤飲などはいくら私でも動物病院へ駆け込むと思います。
でも人間と同じく生活習慣による不調だったら?そのような事態を避けるべく食事や運動に気を付ける、ストレスをかけないなど...予防はもちろんしていますが絶対はありません。
でも長期間に渡る投薬が必要と言われたら?健康な今だからこそ冷静に考えることが出来ます。
このような私ですからもしも自分が癌になっても抗がん剤、放射せん治療を受ける意思は全くありません。
それは犬に関しても受けさせるつもりは0%です。

人間も犬も食事の見直しで良くならないものはないと思うし、良くならないものはそれはその子の寿命や運命と考え不自然な治療や長期的な投薬はむしろ虐待だと思うのです。
人間にも犬にだって持って生まれた寿命というものがあります。
実際にそのような治療、投薬を必要としているペットを飼っている人はこれを読んで気分を害するかもしれませんが、私はこの考えを誰に向かって言ってるのでもなくて今から自分に対して言い聞かせているのです。
自分が必要のない、むしろ害だと思っている化学薬品を自分はのまないのにぐんやランにのませられないでしょう?こういう話をしたら私はひどい飼い主だと言われるのかな?
でも私はそのぐらいの覚悟を持ってぐんとランのことは育てているつもりですし、ぐんランが病気になったら自分の治療で治すことができるようにと日々試行錯誤しているのです。

親が子を思う気持ち、飼い主がペットを思う気持ちは同じです。その愛が子供やペットを苦しめていないか?病院に連れていくことだけが愛ではないと思うので、自分のペットが病気になる前に冷静な頭で考えているところです。
普段散々病院を否定しているのに自分のペットが病気になったら普通に投薬とかするのね!ってことだけは避けたいです。でもこの考えがひとりよがりとなり我が子を苦しめることのないように気を付けたいとも思います。


おまいらのことはあたいが守る!

茶色と黒、愛してるよ!!



   クリックすると元のサイズで表示します







ランキングに参加してます。

ポチっとクリックよろしくお願いします!!

    ⤵    ⤵



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
1

2016/8/30


ランが日々成長しているようです。

毎日見てるからわからなかったけど
今日、久しぶりにランを見た近所の子供が
ランちゃん顔が小さくなったー
ランちゃん尻尾が短くなったー

って、それはたぶん...
体が大きくなったからなのよね。

大きくなったでちゅ!


   クリックすると元のサイズで表示します



ぐんと一緒にいるとなおさらわかりづらいのです。

ぐん顔でかいとか言われてるし。




   クリックすると元のサイズで表示します


大きくもなるよね、よく食べてるし。



   クリックすると元のサイズで表示します


ぐんもよく食べてます。
ランがよく食べてるとはいえ
やはりぐんの食べる早さにはまだ負けてます。





   クリックすると元のサイズで表示します




写真で食べてる馬のバラ肉、
ランの3倍食べるのが早かったです。


まだ若いもんには負けとらんわい!(笑)

っていうかぐんもまだ5才だしね!

というわけでランがでかくなったというというお話でした!




ランキングに参加してます。

ポチっとクリックよろしくお願いします!!

    ⤵    ⤵



にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ