2014/4/30  6:07

口腔乾燥症とカルシウムパラドックス  

お口の中が乾いてしまうと嘆かれる患者さん・・・

反復嚥下テストが0回?飲み込む唾液が全然出ませんと おっしゃいます。

舌の粘膜の様子も、あちこち小さな虫歯の多発も、重症な口腔乾燥症を疑わせる様子です。

単なる老化や、血圧の薬や入眠剤、抗鬱剤などの長期内服による副作用が原因の場合もありますが、この方はあまり当てはまりません。

ただ、1年前から骨粗しょう症の治療を開始されておられました。

となると、疑われるのは、慢性的なミネラルの不足?特にカルシウム。

最悪、カルシウムパラドックスによる唾液腺の石灰化があるかもしれません。
(唾液腺の石化化についての診断には、口腔外科などでの検査が必要です)

ミネラルの摂取のおすすめと、唾液腺のマッサージと、舌の体操、ガムのコロコロ体操などを指導しました。

年のせいにしないこと、唾液を出す薬があるのでは?と期待しないことも大事です。
唾液を出す薬は、、、、ありません。。。
0

2014/4/27  23:34

デンチャーライフ研究会  

10時から日本橋にて、実習研究会。

入れ歯大好き人間のM先生の部分入れ歯、を入れる実習です。

4,5人の技工士さんによる、それぞれ違う設計の義歯をM先生ご自身が体験されて、その具合を検討し、より良い義歯にするには、どこがポイントか?などを学びたいと思っています。

昨年度よりこの研究会に参加されるようになられた、顔トレで有名なT先生と実習終了後に女性歯科医だけでお茶をして・・・

その探究心と研究熱心さに感心するばかり。
学ぶことも多く、有益な研究会で、次回が楽しみです。

なぜそんなに咬み合わせに影響受けてしまう人がいるのだろう?と常日頃、疑問に思うことについても、私と似た見解をお持ちのT先生・・・心強いです。
0

2014/4/24  22:13

往診  

足腰の具合悪く、通院が困難になった方のお宅へ往診へ。

残っていた歯が動き出し痛むとのことで、抜歯し、義歯を修理することに。

血管拡張剤などを飲まれていらしゃるので、傷口はきっちり縫合し、抜いた部分の歯を使用中の義歯に足し

次回に糸を抜くのと、上下の義歯の内面の修理の予定にしました。

治療終了後、しばし介護をされておられる奥様とお話。

80代のご夫婦、夜中にも数回起きられるとのこと。
在宅介護は本当に大変です。

施設に入所している私の母の話などもしたりして、
「大変だけど、こうして介護できるのは幸せ」とおっしゃる奥様に頭下がる思いでした。

当院の往診で出来ないことは、歯を削る、あのキーンという器具は所持してないので、歯を削って型を取って、被せたり詰めたりすること。

通院されてくださっていた患者さんの所には往診する心づもりでおります。

義歯作製、修理、口腔ケアは往診でも出来ますので、ご相談ください。
休診日をつかって往診しております。
0

2014/4/19  22:02

症例研究会  

ストマトロジー研究会の勉強会で症例検討へ、なかなか症状が改善しないケースレントゲンと模型を持参で参加。

右偏位で、左が患側で、治療側は右?

特殊ケースのようで、改善には工夫が必要か?

頭蓋骨矯正も必要だし、難症例だな〜と思案しつつ帰宅

もっともっと勉強しないと・・・

0

2014/4/13  22:18

分子整合栄養学  

週末、二日連続の栄養学セミナー

今回のテーマは、貧血、タンパク質

体重1キロあたり1グラムのタンパクが必要量・・・老化すればするほど不足しているのは明白・・・

サプリで補足するしかないなあと思う。

貧血は・・・

先日のNHKの番組では、フェリチンは20と言っていたが、それでは全然足らない!

あの番組の前半で紹介されていたフェリチンを上げる薬は、やはり有機鉄ではなく、無機鉄なのだろう。。。

だからフェリチンは20まで上げるのが限界になる。
元気に過ごすには、45は必要なのです。

ヘム鉄なら、もっともっと上げることができます。
胃を荒らすこともありません。

ちなみに私のフェリチンは、今40

目標は、120であります。
0

2014/4/9  14:20

隠れ貧血  

今夜 ためしてガッテンでフェリチンと貧血について放映されます!

ぜひぜひ見てください!

病院の検査のヘモグロビン ヘマクトリット値で正常と診断されて 自分は貧血ではないと思い込んでいる人の大半は 有経の女性なら 隠れ貧血の疑いがあります。

男性の貧血は消化器出血の疑い濃厚で 胃ガンや大腸ガンの危険性ありです
1

2014/4/2  22:34

またまた貧血の人  栄養

数年ぶりに見えた患者さんの歯の変色が内面からの象牙質の変色のように見受けられ、ホワイトニングで戻せるかどうか気になり、体調について伺うと・・・

2年ほど前から貧血の治療のため、鉄剤内服中とのこと。
おまけに不眠で、睡眠導入剤も。。。

それって、全然貧血が改善してないということでは?
不眠は貧血が原因のことも多いのです。
更年期女性の鬱もまたしかり。。。

内科から処方されている鉄剤ですと、無機鉄でしょう・・・
吸収効率も悪く、胃腸に障害も出やすく、この方も下痢気味になるとのこと。

吸収率が高く、副作用の出にくいヘム鉄をお勧めし、

一緒にタンパク質とビタミンCを摂る様に説明致しました。

どれだけ鉄を摂っても、それを運ぶタンパク質が不足していたら、役に立ちません。
十分なタンパク質が必要。

体重1キロあたり1グラム必要で、お肉に含まれる有効なタンパク質は10%
50キロの人だと、500グラムのお肉が必要、それくらいタンパク質を人間は必要としている。

タンパク質と鉄とビタミンC・・・これは、貧血だけでなく、コラーゲンを作るためにも必須の栄養素です。

だから、貧血の人のお肌は荒れる。。。

そんなこんなをお話しし、ご自身の自覚症状に納得されたようでした。

さて、歯の変色が、2年間摂りつづけた鉄が原因かどうか?
しばし調べまわってみねばです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ