2006/6/17  23:40

号外☆癒しのガラスB  号外☆

クリックすると元のサイズで表示します
装飾ステムゴブレット(ファソン・ド・ヴェニース)
オランダ 17C

17世紀のガラスがこうして残っていること、
すごいことですね。
ガラスですからねぇ、なんといっても。

クリックすると元のサイズで表示します
花瓶 中国 19C

翡翠っぽい! と思いましたが、
ガラスのようです。
他のガラスとは趣を異にするこのグリーン×白、
やはり中国のもの。

クリックすると元のサイズで表示します
文字入り蓋付ゴブレット ドイツ 1879

写真が今ひとつで詳細がわかりにくいですが、
キラキラしているところだけでも…。

癒しのガラス、とりあえず最終回、かな?

(ハウステンボス・ギヤマンミュージアムにて)

2006/6/12  13:21

号外☆癒しのガラスA  号外☆

クリックすると元のサイズで表示します
昆虫と木の実文筆筒・他 チェコ ルードヴィヒ・モーゼル工房 19C

クリアなガラスの光も好きだけど、
色のガラスもいいものです。

下の写真は説明プレートをチェックし忘れました。
輝きはもちろん、
そのシルエットも優雅な趣。

クリックすると元のサイズで表示します

(ハウステンボス・ギヤマンミュージアムにて)

2006/6/8  0:22

号外☆癒しのガラス  号外☆

クリックすると元のサイズで表示します
ルネ・ラリック(仏)『海の精』20世紀

詳しくはないけれどガラスが好き。
小さなかけらも、高価なグラスも、
私にとっては同じガラス。

割れてしまったら‘それまで’。
そういう儚さにもくすぐられるものがあるみたい。

クリックすると元のサイズで表示します
装飾ステム蓋付ゴブレット(英)19世紀

幻想的なブルー。
思わず見入ってしまいます。
照明を絞った展示室で、
ガラスは妖しく、私は怪しく(?)。

クリックすると元のサイズで表示します
装飾ステムゴブレット(伊・ヴェネチア)20世紀

気が付くとブルーのガラスを撮っていたよう。
ブルーを求める気持ちの状態は?

2006.6.1
ハウステンボス・ギヤマンミュージアムにて。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ