2007/4/30

記憶  FLAG'S BAR

子供の頃からいつも家には犬がいた。
父が犬好きだったからだろう。
ポインターやボクサーが庭で僕の子守をしてくれていたことを何度も聞いた。
もう三十年以上前の話だから随分ハイカラな犬が我が家にはいたものです。《※注 セレブではありません(笑)》
僕には記憶がないけれど犬種からすると猟などをしていたのかもしれません。
その後もセッター、柴犬、Mix犬、マルチーズと変遷を辿る。
とにかく犬はいつも僕と家族の側にいた。

でもある事件を境に犬との生活が終わることになる。
誘拐。
理由は不明。
犯人も分からず。
犬も見つからなかった。
最後に我が家にいたマルチーズがある夜、何者かに連れ去られてから、実家では犬を飼わなくなった。
家族を誘拐された気持ちの悪さを今でも覚えています。
今思うと、それがきっかけで以後18年、僕自身も実家でも犬は飼っていなかったんだと思います。

フラッグはそんな時を経て我が家にやって来たのです。
クリックすると元のサイズで表示します
          【委託式でのフラッグ】

18年間の時を経てやっぱり犬が好きなんだ!って思います。
子供の頃の犬と共に過ごした記憶。
18年越しの思い。
随分長い時間が掛かりましたが、失ったものを取り戻すことが出来そうです。
サンキュ!
フラッグ♪




0

2007/4/29

ピアノ♪  娘たちへ

クリックすると元のサイズで表示します
終わりました。(疲)

ピアノって良いですね♪
もし自由に弾くことが出来たら素敵でしょうね。
今日は大変でしたが、心地よい疲れ。
二人の娘と連弾出来るって、夢のような出来事でした。
クリックすると元のサイズで表示します
花束も一杯頂きました。

花束をお家に帰ってまとめたらこんなキレイになりました♪
クリックすると元のサイズで表示します
みなさま!ありがとうございます。

そして今日、新たな見えないバトンが掌の中に、、、、
発表会の最後の先生の言葉。

私がピアノを教えているのは家庭の中から音楽が聞こえてくることのすばらしさを伝えたいからなのです。
それはきっと平和を意味するものだからです。
この世界で一体どれだけの子供たちが、こうして家族で連弾したり、練習したピアノを発表出来ることが出来るのでしょう?
そのことがどんなに幸せで尊いものなのか、今日の発表会を通じて子供たちや私たち大人が気づくことが出来たらさいわいです。
先生はその言葉で発表会を締めくくりました。

娘が通うピアノ教室の先生は実はハープが専門の先生です。
最初に見学に行った時、先生はこう言ったそうです。
『もしピアノを本格的にやらせたいのでしたら、当教室は向いていないかもしれません』

でも音楽の楽しさ、そして平和や幸せのリズムは間違いなくここまで届いています。
先生がくれた見えないバトンは今、確かに掌の中にあります。
すばらしいメロディと共に、、、、

ありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/28

訓練後  パピーのこと

今日はお昼前には盲導犬協会に着きました。
協会に着くと今回、フラッグの短期訓練を担当して頂いた盲導犬訓練士学校の専修科生のKさん、そして訓練士のSさんから今回の短期訓練についての説明をお忙しい時間の中、丁寧にして頂きました。

今回の訓練は盲導犬としての訓練ではないこと。
今回のテーマは『人間との会話』についてとのこと。
お互いの言葉が通じるようにする第一歩。
パピーの今の状況や気持ち、そして過去の行動パターンなどをきちんと把握してあげた上で指示を出したり、ルールを守らせることが大切。
そうしなければお互いの会話や関係性は成立しない。

ピンポーン♪
頭のなかで音が鳴りました!
『そーだったんだ!』
ただなかなか難しいかも、、、、

お忙しいのに中庭で実演までして頂き、、、(恐縮)
フラッグはおもちゃで遊んでもガウガウ言わず、『アウト』の指示でキチンと放す!!!!!(驚)
しかも遊んだ直後にシットの指示にもちゃんとシットしているではないですか?(涙)
正に驚愕!平静を装うのが大変でした。
フラッグと訓練士さんの会話は成立していました。

パピーがどんな状況で頭の中で何を考えているのか?
精神状態や過去のパターンを分析。
その上でのパピーとの対話。
多変数解析ですな、、、、、難しい、、、でも楽しそう♪

自分の声に耳を傾けさせるのではなく。
フラッグの声にも耳を傾ける。
対話することが大切なことが良く分かりました。

協会の皆様、お忙しい中、いろいろ教えて頂きありがとうございました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/28

たたいま!  パピーのこと

クリックすると元のサイズで表示します
ようやく帰って来ました♪
ヨコハマ帰りのフラッグです。

クリックすると元のサイズで表示します
一皮剥けました♪
0

2007/4/27

ピアノ♪  娘たちへ

一気に3本更新です♪

明日はフラッグのお迎えで横浜です。

ちょっと遊んで〜♪と思いましたが明後日はピアノの発表会♪

早く帰って練習!しなくちゃ!
です。

フラッグの訓練の成果が楽しみではありますが、、、

ここで汚点を残す訳にはいきません。
明日は、ピアノするぞー♪
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/27


本日フラッグの短期預かり訓練が終ります。
皆様から頂いた情報をもとにするとパピーを卒業していきなり訓練に入るとパピーにとってかなりのストレスになるのでそれを緩和させる為。
それぞれのパピーの適性をより良く見極める為。
訓練士候補生の学生さんの課題としてということもあるようですね。

フラッグは我が家にはおりますが、我が家だけで育てているとは思っていません。
ブログに寄せて頂くあたたかいコメント、我が家とフラッグに関わる地域の方々、募金をして頂いたり、実際にボランティアとして参加されている方々。
そんな全ての方々の手で、それはフラッグをまるで輪のように包み、守り、育てているのだと思います。

全てのひとにありがとう♪
そして今後とも宜しくお願い致します。

そしてみんなで育てたワンたちが、いつか特別な存在からもっと身近な存在になりますように(願)

そしてワンたちを包む輪がもっと強く結び付き、広がっていくことを信じていますし、祈ります。

感謝!!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/4/26

ピアノ♪  娘たちへ

ピアノの発表会まであとわずか、、、
指がうまく動かない、、、
『パパ!ダメじゃん!』娘の檄がとびます。
しかも今回は小姉ちゃんも急遽参加にて親子三人一緒に連弾です。

なんとか自分のパートは上手く切り抜けても三人リズムを合わせるのはとっても難しい!(悩)
メインのお姉ちゃんもパパの不出来に大変そう、、、

ピアノ、、、
そういえば、小学生の頃母親に無理矢理連れられてピアノ教室へ行ったけ、、、
『男がピアノなんて!』って
すぐに逃げたしてしまったけど、『後悔先に立たず』
0

2007/4/25

娘たちへ  娘たちへ

いつか来る別れが辛いと思ってはいけません。

本当のお別れはもっとずっと後になるから。
でもそれですらお別れではないのかもしれません。
だから今、悲しんだり、泣いたりしなくてもいいよ
フラッグと結んだ友情は壊れたり、切れてしまったりしないのです。
それがキズナ。

見えないものを信じることが出来るかな?
遠くにいても信じていることができるかな?
信じてもらっていることで頑張ることができるかな?
そのことがあるだけで人にやさしく出来るかな?
そして知らない世界に行っても勇気を持って一歩を踏み出せるかな?

君たちが遠くで頑張っているフラッグを心配したり、応援しているのはきっとフラッグにも伝わるはず。

それがキズナ。
きっと出来るよ。
0

2007/4/23

紆余曲折  パピーのこと

フラッグは今日から訓練。
どんなことをしているのだろう?
そしてどんなことを覚えてくるだろう。
クリックすると元のサイズで表示します


今回の短期預かり訓練は盲導犬協会としても初めての試みとのこと。
帰ってくる日が楽しみですね。

パピーウォーカーをしているといくつかのルールの他は、愛情持って接して下さいということになるのですが、やっぱり盲導犬になって欲しいという願いが、何かを学ばせなくちゃって気持ちに傾かせます。

あれこれネットで調べたり、訓練士さんの本を読んだりしてフラッグにそのまま試しますが『言うは易し、行なうは難し』です。
なかなか上手くいきません。
そして『フラッグ!何で出来ないの?』ってことになるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

本当に何かを育てていくのは難しい。

愛情を注ぐとそれに飽き足らず、その成果を確認したい。(悲)
私もまだまだ駄目ですね(実感)

やっぱりどこかでフラッグを他のパピーや兄妹たちと比べてるのかも、、、
SlTが出来たとか、オアズケが出来たとか。
フラッグの進捗率が気になったりする。
答えってどこにある?
正解って何だ?
二人も娘がいるのにまだそんなことにも気付かないのか?って感じですね。
クリックすると元のサイズで表示します

だから訓練はプロに任せます♪
我が家はフラッグの家族。
フラッグが人間を共に生きるパートナーとして感じられるように。
フラッグと残りの時間を過ごします。

フラッグが帰ってきたら、いっぱいグルーミングしてあげよう!
耳をお掃除してあげて、天気が良かったら『あー疲れた!』って言うぐらいみんなでお散歩しよう!

でも子供たちはパパみたいに曇っていない。
昨日夜、娘たちがお休みの挨拶をしにPCの前にいるパパのところへ
『おやすみ』をパパにした後フラッグのケージへ

『フラッグ、おやすみ、、、、、あっ、、、いないんだ、、、』って娘たち
フラッグはそこにいて当たり前なのです。

『パパ、今日フラッグにバイバイしても一粒しか泣かなかったよ』って小姉ちゃん

娘たちがいなくて寂しいって思っているのは家族の一員のフラッグです。
盲導犬候補生のフラッグでもSITが出来るフラッグでも、オアズケが出来るフラッグでもありません。

育てるって難しいけれど、、、、
我が家のパピーウォーキングは紆余曲折しながら続きます。







0

2007/4/22

合宿  パピーのこと

フラッグが月曜日から短期預かり訓練のため、今日は盲導犬協会へフラッグを送りに行きました。

フラッグの現状の課題は最近になって突然出てきた『吠える』ことについてのコントロールです。
フラッグの『吠える』は『怒り』ではありません。
『喜び』からくる『吠える』なのです。
小さな子供を見ると喜び&遊びたくて吠えてしまうようです。
更に他の犬に出会ったときも喜び&遊びたくて吠えてしまうようです。

怒りで『吠える』のであればNOですが、、、
喜びで『吠える』てしまうのはなかなか対処が難しいですね(悩)
でもあの体格で『吠える』とフラッグのフレンドリーな気持ちとは裏腹にドスが効いていて結構怖いです。
クリックすると元のサイズで表示します
でもパピーについてはメールや電話で担当の訓練士さんに相談が出来るので安心してはいるのですが、、、
そういう年頃なのかなって気もします。


それにしても我が家の長男坊がいないのは寂しい、、、、
短期訓練は土曜日までの予定。

そして日曜日はピアノの発表会♪
ただいま練習中です。

『パパ!指の動きがカチカチ』だそうです。

『鍵盤のタッチが強すぎ!』だそうです。

フラッグ早く戻って来て!
女3人相手にパパは明らかに形勢不利、、、、
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ